THE BRINK OF TIME
brink of time ザ・ブリンク・オブ・タイム
クロノ・トリガー アレンジ・ヴァージョン

品番:PSCN-5024
発売日:1995年6月25日
発売元:NTT出版
販売元:ポリスター
(c) 1995 スクウェア
(p) 1995 NTT出版
作曲:光田康典
編曲:GUIDO(大槻KALTA & 畑浩史)
01. CHRONO TRIGGER
02. SECRET OF FOREST
03. ZEAL PALACE
04. WARLOCK BATTLE
05. CHRONO CORRIDOR
06. UNDERSEA PALACE
07. WORLD REVOLUTION
08. THE BRINK OF TIME
09. GUARDIA MILLENNIAL FAIR
10. OUTSKIRTS OF TIME
(クロノ・トリガー)
(樹海の神秘)
(ジール宮殿)
(魔王決戦)
(時の回廊)
(海底神殿)
(世界変革の時〜ラストバトル)
(時の最果て)
(ガルディア王国千年祭)
(遥かなる時の彼方へ)

超大作RPG「クロノ・トリガー」の楽曲から光田本人の選りすぐりの10曲を、一風変わったユニークなアレンジに仕立て上げた。洋楽テイストのアルバム・ジャケットが象徴するように、中身はよくありがちなオーケストラ・アレンジなどといった安易な方法はあえてとらず、アシッド・ジャズを基調としながらも、ポップスに近いノリも持ちつつ、更には和楽器やら各種民族楽器なども随所にとり入れたという、不思議なグルーヴ感のあるアルバムになっている。ミキシング・エンジニアには、洋楽シーンにおいては確固たる人気を誇るデニス・ボーヴェルを迎え、ロンドンでのミックス・ダウン。その音へのこだわりが、このアルバムを単なるゲームのアレンジ・アルバムという域からひとつの独立した音楽世界へと導いている。打ち明け話をすると、光田本人のこのアルバムの当初の完成イメージはあの「ルパン三世」のテーマのようなノリ、だったとか。(確かに、かっこよさは似ている)そして光田自身のコメントをCDのブックレットに一切載せなかったのも、本人のこだわりらしい。作曲者の言葉に頼らず、自分の耳で聴き、判断してほしい、という自信からだったとか。ゲーム・ファンにとっては、あらゆる意味で賛否両論あった問題作(?)だが、これが光田流の作品への取り組み方なのだ。