Kudo Junko
平日マチネー 工藤順子
品番:VME-0004
発売日:2000年12月12日
発売元:ヴァーゴ・ミュージック・エンタテインメント
(c) 2000 ヴァーゴ・ミュージック・エンタテインメント
(p) 2000 ヴァーゴ・ミュージック・エンタテインメント
作詞・作曲・歌・プロデュース:工藤順子
編曲・サウンドプロデュース:中原信雄(M1, M2, M3, M7, M8, M9
              光田康典(M4, M5, M6, M10)
01. 月下家族
02. 鳩おとこ
03. 夕暮れ商店街
04. 砂漠とダージリン
05. 幸せの猫
06. 退屈な森
07. 夏の鈴
08. レイゾウコ
09. 草むら通信
10. 雨やどりの木

作詞家・工藤順子さんの、実にン年ぶりのソロ・アルバム。今回、光田は10曲中4曲において、アレンジ&サウンド・プロデュースを担当。(本当は中原氏と半分ずつの予定だったのだが、時間がどうしても取れず、結局6:4になってしまった。工藤さん、ごめんなさい・・・)日頃は「作詞」という表現領域で、独特の世界観を創り出している工藤女史。今回は、詞については勿論言うまでもないが、とりわけ彼女の作曲センスが光っている。アレンジする術を持っていない彼女は、その頭の中で既に鳴っている楽曲を、アレンジャーである光田や中原氏に執拗なまでに説き、こうして欲しい、こうあって欲しい、と訴える。それをアレンジャーは、そのアレンジャー自身のセンスをもって、形にしたまでである。つまり、両アレンジャーの力を借りながら、出来上がった作品は、しっかり「工藤順子色」なのだ。メロディーを聴いていただければお分かりだろう。「こういうアレンジ」になるために出来ているメロディー、このアレンジあってのメロディーなのだ。逆に言えば、他のアレンジャーに、何の注文も出さずにやらせていたら、絶対にこのメロディーは生きなかった、ということでもある。それだけ彼女が、慎重にアレンジャーを選び、そのアレンジャーの持ち味をよく解った上で、発注している、ということだ。彼女の、恐ろしいまでの「楽曲」への執着と、頭の中で鳴っている音楽をどうやって皆に聴かせよう、ということへの思惑がお分かりいただけるかと思う。そして光田も、光田のセンスをもって、精一杯それに応えた、といったところか。(因みに、このアルバムの音の狙いは「下手ウマ」だそうな。とてつもなくチャチくてシロウト臭いんだけど、実はとっても巧く創られているんだよ〜ん、といった感じ。わかります?)