Xenogears Original Soundtrack
ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック(初回限定版) ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)

品番:SSCX-10013(2枚組)
発売日:1998年3月1日
発売元:デジキューブ
販売元:SME・インターメディア
(c) 1998 スクウェア
(p) 1998 デジキューブ
音源:生録音+プレイステーション内蔵音源

※限定販売品につき、現在は生産しておりません。
ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック(通常版) ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック(通常版)
品番等、限定版と同様
DISC 1
01. 冥き黎明
02. STARS OF TEARS (OUT TAKE)
03. 海と炎の絆
04. おらが村は世界一
05. 風のうまれる谷
06. 遠い約束
07. 鋼の巨人
08. 黒月の森
09. 夢の卵の孵るところ
10. まどろみ(ショートバージョン)
11. 熱砂の街ダジル
12. 憧憬
13. グラーフ 闇の覇者
14. 導火線
15. つわものどもが夢のあと
16. 盗めない宝石
17. アヴェ いにしえの舞
18. 侵入
19. 死の舞踏
20. 暗き眠りに・・・
21. やさしい風がうたう
22. 傷もてるわれら 光のなかを進まん
23. lost... きしんだかけら
24. タムズ 海の男の心意気
25. 蒼き旅人
DISC2
01. 悔恨と安らぎの檻にて
02. 氷の顎
03. 紅蓮の騎士
04. 神無月の人魚
05. 風が呼ぶ、蒼穹のシェバト
06. 大空と雲ときみと
07. 夜空一杯の星を集めて
08. 星の涙、人の想い
09. 飛翔
10. 翼
11. 天上の楽園ソラリス
12. まどろみ(ロングバージョン)
13. 引き裂かれしもの
14. 祈り、人の望みの喜びよ
15. 予感
16. 覚醒
17. 神に牙むくもの
18. 最先と最後
19. SMALL TWO OF PIECES〜軋んだ破片〜

前作の格闘ゲーム「トバル ナンバーワン」から約1年半(作曲担当の作品としてはRPG「ガンハザード」以来なんと約2年)ぶりのリリース。久々に世に出た光田が、そのパワーアップした姿を余すところなく見せつけてくれたのが、このRPG「ゼノギアス」である。この作品においての彼のテーマは、ゲームを離れたところでも、音楽単体で聴けるものを創る、ということ。そのせいか、かなり自己主張の強い楽曲が多くなっている。ゲームを盛り上げながら、更に曲だけでもイケてる、というところを狙った彼としては、この長期間に渡る制作過程は、かなり苦しいものがあったようだが、その分音楽の楽しさも味わえたようで、アイルランドやブルガリア、更には日本の凄腕ミュージシャンと共にしたレコーディング作業は、彼をまた一回りも二回りも大きくしたようである。アイルランドのロックバンド「アイオナ」のヴォーカリスト、ジョアンヌ・ホッグを起用したエンディング曲「SMALL TWO OF PIECES 」は、中でも秀逸。エンディング・テーマにヴォーカル曲をとり入れたというのも、スクウェアのゲーム作品においては彼が初めてだった。