トップページ
トップへインフォメーションプロフィールディスコグラフィースレイベルズプロキオン・ストアサポート日記特別企画楽曲の使用についてメール英語版サイト有限会社プロキオン・スタジオwebmasterへメール
 
 

  
【1999年12月 長島賢史さん】

まずは(恒例になりそうな質問)、生年月日・星座・血液型を教えて下さい。

1969年6月26日 蟹座 B型
あんまり僕のことなんか、ディープに知ってもらっても、しょうがないと思うのだけど……。(笑)

現在、(株)スクウェア・サウンズという会社に所属されて、レコーディング&ミキシング・エンジニアとして活躍されていますが、ゲーム音楽の制作現場においては、具体的にどういったお仕事をされているのか、教えて下さい。

書き出すと、このページに収まらなくなりますが(笑)簡単に書きますとよくスタジオで宇宙船の操縦席のようなところで前向いて自分の左右の機械をいじってる人を見たことないですか?あれです(笑)

スクウェアに入られる前にも、ずっとエンジニアとしてお仕事されてきたそうですが、どういった経緯で、現在のこのご職業に至ったのですか?(また、今までどんなアーティストや作品に携わってこられたのでしょうか。順を追って教えていただけますか?)

もともとエレキギターを弾いてまして、「プロになりたいなぁ」な〜んて思っていたのです。
で、「東京さ出るべ」の言い訳として専門学校を選びまして、募集の本をぺらぺらめくってたら
某専門学校の文字が目に入ってきました。
エジソン?エンジン?エンジニア?工場勤務か?位に思っていたのですが(笑)まぁいいやと思い、
高校卒業と同時に上京したのです。
したら東京にはギターのうまい人がいるわいるわ。
(ホコテン全盛期だったからねぇ。いわゆるストリートバンドの走りやね。イカテンってのもあったし。)
こりゃダメだとギターで飯食う夢を捨て、なんとなく卒業してなんとなく就職・・・
が、できなかったんですねぇ(笑)
レコーディングスタジオの就職の募集が一つもなく、テレビ関係やMA関係ばかりだったのです。
田舎では「長島さんとこの息子さん、ミュージシャンになりに東京行ったらしいよ。
出世したらテレビにでるんかいねぇ」なんて噂されていたので(広島の山奥出身なもんで。県外出ると噂好きな奥方の餌食に・・・)
なんとか音楽スタジオは死守したい・・・で、いろいろ遠回りしてスタジオになんとか就職(笑)
今は亡きスマイルガレージというスタジオに就職できたのはラッキーでした。
山下達郎さん、竹内まりあさん、鈴木雅之さん、マッキーetc、売れてる音楽家たちのアシスタントを
やらせてもらい、よ〜し、ここでがんばってエンジニアになるぞ!と心に誓ったのでした。
が、なれなかったんですねぇ(笑)
湾岸にあったスタジオは都の緑地化計画地域に入っていたため、建物ごと壊されてしまったのでした。
(跡地は今、公園になっています。)
捨てる神あれば拾う神あり。とあるエンジニアさんに「うちこない〜」と誘われたのでした。
まぁ、青野さんっていうんですけどね。お元気ですか〜、名前出しときましたよ〜
そこでエンジニアの修行をさせてもらいました。
KIX・S、鈴里真帆さん、谷口宗一さん、NaNaさん、消えていった沢山の新人etc
20代半ばのなりたてエンジニアに回ってくる仕事は少なく、大部分は青野さんのトラ。
ちょうどマルチメディアという言葉が出てきた頃でした。
マッキントッシュが飯の次に好きだったので、(当時NB165cと630を所持。)
音楽となにか絡めてできないもんかいな、な〜んて日々考えていたら、
いつのまにやらスクウェアに就職してた効果音チームのリーダー、中村氏から
「うちこない〜」と誘われ、現在にいたる・・・かな?
エンジニアを目指してる人、参考にしないでね(笑)

スクウェアに入社されてから携わってこられた作品を教えて下さい。(具体的にどの曲かも)

トバル1、チョコボ関連(不思議なダンジョン1&2、レーシング)のオープニング&エンディング、
タクティクスのオープニング&エンディング、聖剣Legend of Manaのオープニング&エンディング、
双界儀、 レーシングラグーン、 ゼノギアスのオープニング&エンディング、
パラサイトイヴ(1&2)のオープニング&エンディング、
FF8のオープニング&エンディング、Eyes On Me、もちろんクロノクロスのオープニング&エンディング
あとなんだっけ(笑)

どうして、一般の音楽(?)のエンジニアをされてきた長島さんが、スクウェアという「ゲーム制作会社」のエンジニアになろうと思われたのですか?

コンピュータ・・・ってよりマッキントッシュに非常に興味を持っていました。
効果音の中村氏から「一人一台、専用に使えるよ」との言葉についフラフラと・・・(笑)
スクウェアがPSに移ってすぐでしたので、単純に「何やるんか知らんけどなんかおもろそう」
が理由です。

普通の「アーティストものの音楽」と、「ゲーム音楽」の制作現場において、エンジニアとしての立場からご覧になって、違うところはどんなところでしょうか?(逆に、長島さんの中では、この2つの音楽ジャンルに、違いを感じていらっしゃいますか?)

一番の違いはそのアーティスト本人(又はプロデューサー)の為だけを考えて仕事するのと、
そのアーティストの後ろの思惑(例えばクロノ制作チーム)の為に考えて仕事をする違いがあります。
というのは優等生的発言で(笑)僕の場合、基本的に音楽業界だろうとゲーム業界だろうとレコーディングや
トラックダウンの作業自体が好きなので、違いはないですね。
光田君の場合、信用されているのか、全部任されてる事多いし。
あ、「いるのか」を「いるので」に換えといて。てんさくさん(笑)
ただ、ボーカルレコーディングが一番大変なんですが、それがないので(たま〜にあるけど)
ゲーム業界の方が気が楽です(笑)
エンジニアにとってインストっていろいろな思惑を考えずに好きな事ばかりやれるので一番楽しいんです。

では、光田との「お友達関係」について、お尋ねします。
最初に光田と出会ったのは、いつ、どんなところで、ですか?

実は光田君は面接官だったのでした(爆)

その時の光田の印象は?(噂によりますと、何やら最初は仲が良くなかったそうですが・・・笑)

まぁ、お互いあの頃はとんがってましたからね(爆)最初にケンカした時も
理由は名前に「君」または「さん」をつけるかつけないかで口論してて
そのうちお互いキレて・・・な〜んて小学生レベルなケンカでした(笑)
お互い「おとな」になったよね。光田君・・・

そんなお二人が、仲良くなっていった経緯を教えて下さい。

最初がそんな感じ(↑)だったので、お互いしばらく猫をかぶってたんですが、
トバル1が終わってからかな? お互いに「トーシロじゃなかった」と認め合ったんじゃないですかね。
忘れたいのに聞かないでよ(笑)

こうして数年、光田とつき合ってみて、現在の光田はどんな感じに見えますか?

大人になったねぇ(笑)丸くなったし(心も体も)
あ、僕の場合体ばかりが・・・(爆)

逆にご自分は、彼にどう思われていると思いますか?

嫌われてんじゃないですかね?僕の右足臭いから・・・(ウソ)

ズバリ!長島さんから見て、光田の良いところは!?

どんな局面でも常に笑顔で、そんな彼にはずいぶん助けられました。
そんでもって実行力のある人です。(こんなんでいい?)

逆に、これだけはカンベンだぜ〜!!と思うところは??

左足が臭い所かな・・・(ウソ)
お互い「丸く」なってからはナイよね〜(って俺だけ?)

光田がスクウェアを離れてフリーになったことについて、どう思われますか?

ゲーム音楽家としてだけではなく、真のアーティストになるチャンスです。
レベルと武器は揃ってますから、後は出口を探すだけです。(ちとくさい?)
と、ここの掲示板を見てから本当に思ってます。
それを期待してる人達がいる。じゃあ実行する。フリーじゃないとできませんから。(おぉ〜まじめ!)
掲示板見るまでは、「大丈夫なんかいな・・・」が半分(笑)
そのまま生楽器に差し替えられるアレンジ力はかなり前からフリーになる意識をもってたんじゃないかな?
その時置かれてる立場に溺れずに、(スクウェアにいたら安泰だもんね!)フリーになる決心をするのは
相当なものだったんじゃないでしょうか?あんたはエライ!!

ご自分では、フリーのエンジニアになろうというモクロミ(?)はありますか?
(現時点での考えで結構ですので、教えて下さい)

娘がね、3歳にね、なったんだ〜(爆)

ご自宅にも、色々な機材が揃った個室があったりしますか? それとも、そういったものは会社だけ、ですか?(おうちでも、作業をされることがあるのでしょうか?)

金があったらなぁ・・・ナニもないです。僕の部屋は「靴」で埋まってます(爆)
光田君がバカ売れしたらスタジオ作りましょう。そこの管理人になります(笑)

お子様(3歳のお嬢さま?)がいらっしゃるとのことですが、お子様にご自分が担当された音楽を聴かせたりしますか? それとも“仕事関係の音楽は、家庭には持ち込まない”タイプですか?

テレビでスクウェアのCMが流れると、「ぱぱのかいひゃ、ぱぱのかいひゃ」と走りまわっています(笑)
僕のリファレンスはカミさんですので、担当したものはカミさんに評論してもらってます。
クロノのオープニングは久々に評判よかった(笑)

長島さんから見て、光田の音楽というのは(他のスクウェア作曲家陣と比べて)
どうですか? どういった特徴がありますか?

独創性がありながら起承転結がはっきりしてるので、受け入れやすい事。
現場では「良い」と判断したら人の意見も尊重する所も見受けられる。
まぁ、そういう事とか知ってるからね。音楽の趣向は多々違いますが、光田君と一緒にやったものに関しては
いろんな気持ちが入っているので気に入っています。もう第三者で聞けないんです(笑)
そっから先は危険発言になりますので(笑)今度内緒で・・・

スクウェアで長島さんが携わってこられた全作品の中で、お気に入り・オススメの曲は?
(もちろん光田のじゃなくてもいいです)

「でき」に関してはクロノクロスがダントツなんですが、個人的には(絵と効果音、音楽含め)
ゼノギアスのオープニングとエンディングが一番気に入っています。
かなり苦労したので必要以上に愛着を感じています。
オリジナルアルバムには効果音とセリフ込みでいれようって言った位ですから(笑)
だよね>みっちゃん(笑)

今後、どんな音楽のお仕事をしていきたいですか? 
そして、最終的に長島さんが目指すところは!?

後世に残る音楽に携わりたいですね。残すには音の良さでなく曲の良さで決まります。
残念ながらどんなにがんばっても僕の力で残すことはできません。(爆)
なので光田君に期待しています。がんばれ〜

今後の光田に、一言どうぞ!

今後も「いい」仕事を一緒にやっていきましょう。
いろんな可能性に期待しています。
これからも仲良くしましょうね〜(爆)

最後に、これを読んで下さっている皆さまに、お言葉をお願いします。

ご静聴ありがとうございました。(笑)
裏方なので、慣れてなく、乱文をお詫びします。
アーティストはファンによって支えられます。
光田君の可能性を見たい方は今後とも彼を支えてあげてください。
きっと何か出てきます(笑)

どうもありがとうございました!
長島さんと光田は、今や何でも話せる間柄のようですが、実は(もう掘り返しちゃダメっすか〜?)長島さんが入社されたばかりの頃って、お二人は「犬猿の仲」だったとか?(笑)なんか笑っちゃいますが、でも当時のあの仲の悪さ(?)は、お互いをあまりにも意識したが故のコトですよね? コイツにゃ舐められてたまるか!っていう・・・。でも、光田という奴は、一度シッカリ喧嘩しとかないと、本当に心を許し合うほど仲良くはなれないんだそうです。(加藤さんの時もそうだったんでしょ? ね、光田さん!)なので、それで相手を認めることが出来たら、その後はもうカタいですよ〜、信頼関係が。やっぱ、喧嘩って大切ですよね〜?(特に光田にとっては・・・笑) そんなわけで長島さんは、今や光田の良き理解者! これからもどうぞ末長く、よろしくお願いいたします!
では、光田からもメッセージを!

長さんへの質問もめちゃくちゃ長くなってしまったね。なのに丁寧に回答してくれてどうもありがとう。僕も最初はレコーディング・エンジニアという職業にも少し憧れていたんだけど(だってなんかかっこいいんだもん、沢山ある機材をピピピッ!と触ってるところが・・・)目まぐるしく変わる機材の習得やコンソール(色々な楽器をミックスする機械)のツマミの多さに断念!(笑)今まで色々なエンジニア・テクニックを披露してくれて、長さんには勉強させてもらいました。音の組み合わせ方や、バランスの取り方など、譜面的ではない方向から(聴き手側が気持ち良く聞こえ、曲のイメージもエンジニア・テクニックで更に濃厚な物に変化するなど)のアプローチも気を使って作るようになり、更に良い作品が作れるようになってきました。これからも、色々な技を教えて下さいね。(企業秘密)そしてまた、面白い仕事をどんどんやっていきましょう。本当に今回はどうもありがとう。

PROCYON STUDIO