トップページ
トップへインフォメーションプロフィールディスコグラフィースレイベルズプロキオン・ストアサポート日記特別企画楽曲の使用についてメール英語版サイト有限会社プロキオン・スタジオwebmasterへメール
 
 

  
【2001年1月 築比地聡さん】

まずは、生年月日・星座・血液型・出身地などのプロフィールをご自由にお願いします。

生年月日・星座ですがモーニング娘。の矢口さんと同じです。血液型はO型、出身は群馬県です。馬が群れて群馬県と書きますが、そんなにド田舎じゃないですよ〜。

現在、ソニー・コンピュータエンタテインメントにて、ゲーム・ディレクターのお仕事をされている築比地さんですが、現在に至るまでにどのような道を辿ってこられたのか、順を追って教えていただけますか?(学校を卒業されたあたりから、お願いします)

大学は東海大学の海洋学部というところで、静岡の清水にあるんですが、1年の1/3くらいは船に乗っていたと思います。当時私は本当に遊んでいて、卒業の2ヶ月前くらいまで、就職する意義すら見いだせず、就職浪人しようかな〜とか思っていたら、とあるゲームに関わる会社の入社試験に受かって、無事社会人となれました。その会社はゲームに関わっているといっても、版権(ゲームの販売権利)の売買の仲介を行う会社で、「ゲーム開発をしたい」と思い、2年後に転職しました。それで某大手音楽会社の営業兼開発みたいな感じで1年くらい仕事してました。で、よりステップアップをはかろうと思い、ダメもとでソニー・コンピュータエンタテインメント(当時はコントレイル)を受けてみたら、本当に受かっちゃって(^^)。今は勉強勉強の毎日です。


『tsugunai 〜つぐない〜』
のジャケット写真。

現在までに、手掛けられた(関わってこられた)作品などをひととおり教えて下さい。

関わったっていうと結構多いですよ。
1番目の会社(ほとんどが版権の仲介です)
●「Wizardry ?&? Complete」(Sega Saturn)
●「プリルラ」(PlayStation, Sega Saturn)
●「ガンフロンティア」(PlayStation, Sega Saturn)
●「ワンダー3」(PlayStation, Sega Saturn)
●「WORMS」(PlayStation, Sega Saturn)

2番目の某大手音楽会社(ほとんどが進行管理です)
●「DIARIES」(Windows & Macintosh Hybrid)
●「マリーのアトリエ データアカデミー」(Windows & Macintosh Hybrid)
●「ロードモナーク」(PlayStation)

で、SCEに入社してからは、
●「俺の屍を越えてゆけ」
●「アランドラ2」
●「tsugunai〜つぐない〜」

ディレクターが自ら脚本を書くということが、ゲームの世界では多いように思うのですが、築比地さんの場合もそうなのでしょうか? それとも、別で脚本家を立てられているのですか?

自分で脚本を書くことに憧れてはいますが、私にはまだそんな実力はないと思っています。
実際プロの方と作業すると、私はまだまだ勉強不足だと実感してしまいます。
いまのところ脚本はその道のプロの方にお願いしています。
いつかはやってみたいですね、脚本。

築比地さんが光田と最初にお会いしたのは、いつ頃、どんなきっかけで、ですか?

初めてあったのは去年(2000年)の2月くらいだったと思います。
「tsugunai〜つぐない〜」のサウンド担当者が「BGMをこの方にお願いしたいのですが?」と持ちかけてくれたのがきっかけでした。
その話をもらう前に、仕事が忙しいのに「クロノクロス」3日で解くくらいハマッテしまい、BGMがすごく気に入ってたんです。特にオープニングが好きで好きで何十回と聞いてました。
ですので、光田さんに会うのを非常に楽しみにしていたのは、今でも覚えています。

その時の、築比地さんからご覧になった光田の第一印象は?

色んな意味で「話しやすそうな人で良かった〜」っていうのが本音です。

そんな光田とも、お仕事を一緒にされてだいぶ親しくなられたと思いますが、
現在の光田の印象は、どんな感じですか?(最初の頃と、印象は変わりましたか?)

「本当に話しやすい人だな〜」と実感しています(^^)。

お仕事をご一緒されてみての、光田の良いところ(あれば)は、どんなところでしょう?

なんといっても、私好みな素敵なBGMを作ってくるところですね。本当にクオリティの高いBGMを作曲していただいて感謝しております。あと、ノリがいいところとかですかね。私が大好きな「鐘」もいれていただいたので。(このネタは「tsugunai〜つぐない〜」を最後までプレイしてもらえればわかると思います)。

逆に、「これは困るんだよな〜。カンベンしてくれよな〜」とお感じになるところはどんなところでしょうか?(あるだけ書いて下さって結構です。日頃のうっぷんをお晴らし下さい!)

マジでないですね。

ズバリ! 光田とはお仕事はし易かったですか? それとも、とってもやりにくかったですか?(本人、怒りませんから、正直にどうぞ! そしてその理由も書いていただけると、とても今後のためになります! よろしくお願いします〜!)

本当に仕事しやすかったです。
何といっても、私の発注が伝わったということにつきると思います。私は音楽業界にいたクセに、音楽の発注が下手くそなんです。光田さんは私が意図したことをフィーリングで理解してくれることですね。・・・あっ、理解してなくても、たまたま一致したのかもしれませんね(^^)

今回、来月発売予定のプレイステーション2ソフト「tsugunai〜つぐない〜」という作品を一緒に制作されたわけですが、それについて築比地さんから、どんなゲームなのか、そしてこのゲームの見どころ・聴きどころ・やりどころ(?)などを教えていただけますか?

色んな人に乗り移って、悲しみを代行してプレイヤーが解決していくことで、ゲームを進行していくのは、今まであまりないタイプのゲームだと思います。聴きどころとしては、戦闘だと思います。
システム的にもアクション要素を取り入れたりしていて面白いのですが、私は戦闘のBGM結構気に入っています。いままでのRPGにはない感じの戦闘BGMだと個人的に思っています。

築比地さん的には、今回の光田の音楽はどうですか? イケてますか?(笑)
(良い部分・悪い部分など、正直にお答え下さって結構です!)

めちゃめちゃイケてます。
私が関わったゲームの中でBGMは一番の出来だと思っています。
素敵なBGMありがとうございました。


『戦闘中の画面』


『乗り移る瞬間の画面』


『なんだ〜この生き物は』


『僧院、主人公が2人?』

そしてそして、その「tsugunai」のサントラは、出る予定はございますでしょうか?(笑)
(ここをご覧になられている皆様が、とても知りたいところです!)

もう少しお待ちください。

ではここからは、築比地さんのちょっとプライベートな部分のご質問をしたいと思いますが、個人的なご趣味は何ですか?(やはりゲーム関係とは離れられませんでしょうか?)

ゲームが趣味ですね。
TVゲーム系はいうまでもなくなんですが、ボードゲームとかテーブルトークも好きです。
音楽も好きです。
今はミーハーな歌謡曲しか聞いてませんが、実は小学校・中学校とピアノを習っていてたりします。
でも今は全然弾けないんですけど(^^)。
あとアニメは全般的に好きですね。
特にガンダムだったら1週間くらい語れるぐらい好きです。
それと映画(最近はビデオが多いですが)も好きです。
「スリーピー・ホロウ」は面白かったですね。
ドラマも好きですね。
今は「HERO」「女子アナ」見ています。
つまるとこ、ミーハーなだけなのかもしれません。

築比地さんは、実は光田よりお年が一つ下とのことで、ほぼ同年代ですよね?
光田とはプライベートな会話に共通点などはありますか?(あの時、あんなものが
流行った・・・などなどで、会話が盛り上がったりすることはありますか?)

なつかしいゲームの話はもちろん盛り上がれるのはいうまでもないのですが、
私は80年代後半の海外のアーティストが大好きだったので、共通の話題になりそうですね。
ゲーム以外でいうと、スーパーカー消しゴム・ヨーヨー・ガンプラ・キン消しといった
感じですが、共通の話題になりそうなのありますか?

奥様・お子様(お二人ですよね)のことなども、プライベートなHPでご紹介されていますが、とてもほのぼのとした「家族愛」を感じます。(笑)普段お仕事でお忙しくされている築比地さんにとって、「家族」とはどんな存在なのでしょうか?

いつも気持ちは家族が一番目の優先事項です。
ですが、行動がともなっていないので、なかなか家族には理解してもらえません。本当に家族というのは、いろんな意味で支えになってくれるので、尊いモノだと思っています。

お仕事とは別の次元で、何か達成しようとお考えになっていることなどありますか?

どんなことがあってもタバコは一生続けたいと思います(^^)。

もし、ゲームのお仕事をされていなかったら、どんな職業に就きたかったですか?
あるいは、現在、ゲームのお仕事以外にやってみたい職業はありますか?(願望として)


築比地Jr. !!子供はいいね〜!

今のところ、ゲーム以外の仕事はあんまり興味ないですね。

ズバリ! 築比地さんの、将来の野望は!?

ゲームショップとか駄菓子屋とか、店を出したいと思っています。
学校とかではなくて、いろんな場所を子供達には用意してあげたいですね。
でも、もう少し人生に余裕が出来てからですね。

これをご覧になられている皆様に、メッセージをお願いします。
(「tsugunai」の宣伝をしてもらっても結構です。笑)

「tsugunai〜つぐない〜」は、光田さんをはじめ、開発スタッフが一生懸命
作ってくれたので、ゲームとしていい感じで仕上がったと思います。
また、予約特典として「ボクと魔王」「ポポロクロイス物語3」のムービーが
収録されたROMもつきますので、是非予約して欲しいなぁ〜と思っています。

最後に、光田へも何か一言お願いします!(一言じゃなくてもいいです)

いやー、本当にいい仕事をしていただいて、ありがとうございます。
是非、また違う形で仕事をしたいと本気で思っていますので、
その時にはよろしくお願いします。

築比地さん、お忙しい中、どうもありがとうございました!
フリーになって以来、色々な場で色々な方々と一緒にお仕事する機会を増やしてきた光田ですが、今回の「tsugunai〜つぐない〜」でのお仕事は、何やかやと規制のある仕事が多かった昨今で、久しぶりに光田らしい音楽を創ることが出来た、という気がします。光田としても、とても仕事がし易かったようですが、築比地さん的にも「やり易かった」と思っていただけたのは、とても有り難いことです。何と言ってもまだ「若い者同士」(笑)、今後も色々と、一緒に楽しいものが創れそうですよね。(いつかは、築比地さんの脚本なんかで?!) ただ・・・、え〜、それにしてもですね、いくらお若い築比地さんとはいえ、モーニング娘。の矢口さんと、生「年」月日が一緒ってことは・・・ないですよね? それは・・・若すぎるってもんです。(笑) と、オチがついたところで、光田からもメッセージを!

「tsugunai〜つぐない〜」の開発ではお世話になりました。一番最初にアイリッシュ・サウンドでやりたいというオファーがあったときは正直、“わ〜い”って感じでした。築比地さんとは、音楽の話はもとより、昔のゲームの話でミーティング中も盛り上がってしまいましたが、(仕事の話のほうが少なかったり???)とりあえずゲームも完成し一安心です。それにしても僕がミーティングに行くときって必ず雨が降るんですよね、一番最初の顔合わせの時は、駐車禁止で車をレッカー移動されちゃうし・・・。なんか不思議でしたね〜〜。初めてのPS2ということで色々とご迷惑をおかけしましたが、今回はまた違ったアイリッシュ・サウンドが創れたので僕的にはすごく気に入っています。
それから、お子さんの写真、とってもいいですね! お子さんは、築比地さん似・・・?!
今回は忙しい中、お友達コーナーに出ていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

本サイトに掲載された文章、図画、各種データ等の著作権は、
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントによって保有されています。
(C)2001 Sony Computer Entertainment Inc.
"つぐない"および"tsugunai"は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。

PROCYON STUDIO