トップページ
トップへインフォメーションプロフィールディスコグラフィースレイベルズプロキオン・ストアサポート日記特別企画楽曲の使用についてメール英語版サイト有限会社プロキオン・スタジオwebmasterへメール
 
 
   

6月の質問

 (やぎたんさんより)
光田さんの曲に入っている「声」って、生録以外だとどんな機材で鳴らしてるんですか?
 (光田本人より)
声ネタの入った著作権フリーのCDを購入して使っています。
一つの声でも自分次第で色々な使い方が出来て、勿論その声で色々なメロディーを歌わせられるので、生録以外ではこれが活躍します。


 (山崎周之さんより)
僕は今、高校生で、将来(今も)作曲をしたいと思っているのですが、光田さんは、いつから作曲をしようと思ったのですか?
 (光田本人より)
本格的に始めようと思ったのは、高校生の時でした。詳しくは僕のプロフィールでも読んでもらえば・・・。(笑)



クロノ・トリガーやクロノ・クロス、ゼノギアス等のギターの楽譜があったらいいなぁ、と思うのですが、光田さんの御力で何とかならないでしょうか?
 (光田本人より)
クロノ・クロスのみ作ることは可能ですが、クロノ・トリガーとゼノギアスについては著作権を持っていないので、プロキオン・スタジオから出すことは実質的に不可能です。ごめんなさい。「クロスのギター譜がほしい!」っていう要望が沢山集まれば、いずれ作っても良いかなとは思ってます。



琴を部活でやっているのですが(たのしいです)琴だけでなく三味線や尺八は楽譜の読み方が違いますよね? やはり作曲をするからにはそういうことも勉強したりするんですか?
 (光田本人より)
もちろん楽器の勉強はします。(琴や三味線などはちょっと苦手ですが)特に生録音をする場合はその楽器の特性をちゃんと知っていないと綺麗に鳴らないし、第一プレイヤーが演奏できないですからね。



以前の質問で「エピソードII の情報はまだ入ってない」とお答えになっていましたが、もし依頼があったら参加しようと思いますか? 個人的にゼノ・シリーズは光田さんの曲があってこそだと思うので・・・。
 (光田本人より)
まだわかりません。そのときの状況になってみないことには。(笑)
まあ、正式に依頼もされてないわけですから、まだそういうことを考える段階でもないかな。



光田さんが今まで携わってきた作品の作曲の中で光田さんは気に入っているのにお蔵入りになった曲とかあると思うのですが、是非聴きたいのですがサイト上でアップしてもらうのは無理でしょうか?(苦笑)
 (光田本人より)
基本的にお蔵入りということは良い曲ではないということですので、この世に出ることはないですね。(笑)
実は今まであまりボツをくらったことってないんです。作る前にイメージをしっかりと教えてもらうようにしているからでしょうかね。(自分の中でボツにする曲は数知れずありますが・・・)


 (tea♪さんより)
プロキオンスタジオって採用試験をしているのでしょうか? または、どうやったらプロキオン・スタジオの社員になれるのでしょうか?それから光田さんの弟子になりたいのですが、無理でしょうか?
 (光田本人より)
残念ながら、現在社員を雇う予定は全くありません。
今後はわかりませんが、プロキオン・スタジオがもっと大きくなれば社員を雇う可能性は出てくると思います。
でもそれにしても、雇う場合は実務経験者しか入れないつもりですし、その中でもとびっきり優秀な人(笑)しか入れないと思います。一から教える時間的余裕がないので。また、弟子というものは一生とるつもりはありません。何故ならば・・・僕から教えることや、学べることなんか何もないからです。(お恥ずかしい・・・)



ゼノサーガのエレクトーン用楽譜は出るのでしょうか? ・・・是非出して欲しいです! 今は、楽譜が無いので、CD聞きながら寂しく音合わせです。メロディ弾けても、リズムが無いので本当に寂しい・・・。光田さんは、お気に入りの楽器とか、自分が弾くならこれだろう! という楽器はありますか?
 (光田本人より)
エレクトーン譜については・・・どうでしょう?どこか「出しましょう!」って言ってくれる会社があれば可能性はありますが、プロキオン・スタジオからは今のところエレクトーン譜は出す予定はありません。ごめんなさい。
ここ数年、ギターが上手くなりたくて、ちょびちょび練習しているのですが、なかなか・・・!(泣)


 (小林さんより)
何故プログレ好きな人が業界に多いのですか?
勿論、それだけではないのでしょうけど。
 (光田本人より)
なんでなんでしょうね。
現在作曲をしている人の年代がそういう時期に集中しているのではないでしょうか?
だから今後の若手作曲家の中からはいずれ「モーニング娘にあこがれて〜」って言う人もきっと出てくるんでしょうね。(いないか?)


 (BBさんより)
XenosagaのKokoroでは、Low Whistleが用いられていると書かれてあったんですが、この楽曲で用いられたLow Whistleはどういったものですか?メーカーなど詳しく教えて下さい。
 (光田本人より)
銀のパイプで出来た、単なる大きめの縦笛です。メーカーはどこなんでしょうね? 僕もわかりませんが、アイルランドでLow Whistle専用のメーカーがあるのかもしれませんね。



私は今まですごく沢山のアーティストの方の楽曲をジャンル問わず聞いてきましたが、光田さんは本当にすばらしいメロディ・メイカーであると思っています。そこで私はいろいろと音楽を発掘するためにジャケ買いを良くしますが、光田さんはなさった事はありますか? あと今気になっているアーティストはいますか?
 (光田本人より)
ほとんどジャケ買いです。(笑)
なので、「当たり」を探すのは至難の業です。
最近気になっているアーティストはいないんです。
CDも買ってませんし・・・。(泣)
そろそろ、色々買いあさって聴いてみたいと思います。
面白いCDを見つけたら今度紹介しますね。


 (へいずんさんより)
自分は10代のプログレファンです。光田さんもお好きなようですが、気に入っているバンドはなんですか?(私はYesが好きです。)ロシアのも聞いてみたいので、おすすめがあったら教えてください。
 (光田本人より)
イエスも大好きですよ!
あと、ゴブリン、マイク・オールドフィールドなんかが好きです。



絶版となってしまったゼノギアスピアノ楽譜をプロキオン・スタジオの力で復刊することはできないでしょうか?28歳にしてピアノを習い始めました。その動機の1つがゼノギアスを弾いてみたいでしたが、すでに絶版・・・。何卒よろしくおねがいします。

(スタッフより)申し訳ございませんが、「ゼノギアス」の曲の著作権は(株)スクウェアさんが持っているので、プロキオン・スタジオから復刊することは権利的に不可能です。もしそれでも復刊を希望されるのでしたら、(株)スクウェアさんかドレミ出版社さんに直接頼み込むしかなさそうですね。あとhttp://www.fukkan.com(復刊.com)という絶版してしまった本を復刊させる為の投票サイトもありますので、(既に「楽しいバイエル併用 ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック 」に何十票か入ってましたし)そちらに投票してみるのも少しは効果があるのではないかと思います。


 (中嶋竜一さんより)
中学3年15歳なのですが光田さんの曲を聴いて作曲家を目指してます。
そこで質問なのですが作曲する時にどうやって旋律を作りますか?
やはり自動的に頭の中に旋律が浮かんでくるのでしょうか?
 (光田本人より)
色々ありますよ!
メロディーが浮かんでくる時もあれば、ピアノを適当に弾いていてたまたまいいメロディーが出来たり、あと夢の中で書いたり・・・まちまちです。


 (Hirotake Kobyashiさんより)
こんにちは。光田さんは他の人の曲をアレンジとかしないんですか?
個人的に聖剣伝説2の曲の光田さんバージョンが聞きたいですね!!!
元々曲自体がいいと思うんですけどやっぱスーファミだと音源が少ないっていうか音が機械って言うか。出来たら聞かせてください!
 (光田本人より)
それは権利上ちょっと僕的にはやれないですね〜。(向こうから頼まれればやることは可能ですが)
また、人の曲をアレンジするのって難しいし、菊田さんは自分でアレンジアルバムを出していますからね。そちらを聴いた方が・・・。(笑)


 (彩香さんより)
クロノの曲をJASCRACで検索してもでてこないのですが、これらの曲はMIDIにしてWEB上に流しても良いのでしょうか?下の質問に
「日本の法律では著作者(光田)以外がアレンジしたものを、ネット上にアップすることは禁止されております(MP3、MIDI、その他どのようなフォーマットであれ)。ですが、悪意を持った楽曲の扱い方、もしくは商用として光田の楽曲を扱っていない限り、特にこちらからは注意はいたしません。ただ、光田の楽曲を管理している出版社の方から忠告があった場合は、即座に中止していただくことになると思いますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。」
とあったのですが、JASRACで管理されていられない曲でもやはりWEB上に流してはいけないのでしょうか?
 (光田本人より)
JASRACの検索で出てこなくても、基本的にはダメなんですね。
管理の仕方は色々あり、ゲーム会社が持っている場合もありますし、個人が権利を持っている場合もあります。
ですので、アップする場合は確認をきちんととっておいた方が良いでしょう。あとあと、巨額な請求をされる場合もあります。気をつけて下さい。(僕的には特にうるさく言うつもりはないんで大丈夫ですけど)


 (JKさんより)
ゼノサーガの曲は依頼されてから全曲完成するまでにどれくらいかかったのでしょうか?
 (光田本人より)
約1年かかりました。
といっても、実際にオーケストラ以外のほとんどの曲を書いたのはマスターアップの2ヶ月前からですが。(苦笑)
結局ゲームがある程度動かないと一連の流れが把握出来ないので音楽先行で書いてもゲームの世界観を見失うことがあるんです。だからといっていつまでも待っていたら作業が進まないですし、締切にも間に合わないですし、難しいところですね。常々思うのですが、ゲームが全部完成してからじっくり音楽をつけさせてほしいんだけど・・・。それに“音付け”って本来一番最後に来る役割で、それをして「音楽遅い!」って言われるのってなんか変じゃ〜ないか? って思うんだけど・・・。結局、一番締切と闘わなきゃいけない羽目に陥るのって、やっぱり音付け担当なんだよね。
ゲーム会社はもう少し音楽制作のスケジュールも考えてほしいものです。じゃないと絶対に良い作品なんて作れないよ!


 (くろすけさんより)
今更ですが、「CREID」には以前ZABADAKとしてバンドを組んでいらした上野洋子さんと吉良知彦さんが同時に参加されていますよね! 光田さんはZABADAKをよく聴かれていたんでしょうか? それからもし、ゼノサーガのアレンジがでるとしたら、光田さんの楽曲をもう一度上野さんの歌声で聴きたいです!!
 (光田本人より)
ザバダックは名前だけはなんとなく知っていました。とあるご縁で吉良さんと上野さんにお会いしたのですが、(その時は既に“のれん分け”していたので別々にお会いしましたが)それからCDを色々聴かせてもらっているうちに、自分と通じる感性を持っている方たちだな〜ってことが判り、そしてお二人それぞれがそれぞれにミュージシャンとして素晴らしい力を持っていることも判り、早速CREIDでお願いしてみることにしました。また機会があれば、ぜひアルバム制作に参加していただきたいなと思っています。


 (kyoさんより)
以前、ゼノサーガのピアノ譜を出すかもしれないという話があったと思いますが、出すとしたらいつぐらいになりますか? それと、全曲収録するんですか? もし出版してくれるなら通販でも絶対買います!!
 (光田本人より)
お喜びあれ!
ドレミ出版からゼノサーガのピアノ譜が出ることが決定しております。
まだ作業中なので、どんでん返し(悪い方向に)っていうこともあるかと思い、まだきちんとお知らせしていなかったのですが、正式に発売日等決まりましたらご報告しますね。今回は僕の譜面そのままをお渡ししているので、ピアノ曲に関してはほとんどそのままだと思います。お楽しみに!


 (Naokiさんより)
今更ですが、私はクロノ・トリガーの音楽が大好きで、クロノ・トリガーのスーパーファミコン版のオリジナルサウンドトラックと、アレンジアルバムのTHE BRINK OF TIMEを探しています。CDショップを回っても無く、スクウェアHPやソニーミュージックHPでもすでに買えなくなっているようです。店頭で注文すれば入手できるのでしょうか? それかオンラインショッピングで購入できるのでしょうか? ノドから手が出るほど欲しいです!!
 (光田本人より)
う〜ん、どうでしょう?
この時代のCDはもう買えないのかもしれませんね。
あとは、CDショップをくまなく調べて見つけるか、念の為、店頭で品番等を教えて取り寄せてもらう、という行為をしてみることはオススメしますが・・・。僕も昔のアーティストのCDを買いたいのに廃盤になっていることが多いです。その場合、古いお店なんかにいくと置いてある場合があります。頑張って下さい!(笑)


 (風臥さんより)
ゲームショウ2001春でゼノサーガの初プロモで流れていた曲がすっっっごく聞きたいのですが・・・出る予定とかありますか? それとも出ているのでしょうか? 教えて下さい!!
 (光田本人より)
あの曲は、残念ながら僕の曲ではありません。イメージ・デモ(?)として流されたようです。ブルガリアンボイスのベストなんかを買えば必ず入っていると思いますよ。トラッドの有名な曲ですから。ちなみに曲名は「PILENTZE PEE」という名前です。


 (新美仁啓さんより)
現在、高校2年生なんですが、ゲーム音楽の仕事ができたらナと思っており、最近パソコンで作曲をしだしています。まだ、本格的ではなく(当たり前なんですが)ソフトだけしかありませんが、楽しくてしかたありません。それで、音楽大学を目指そうと思っている次第であります。
しかし、僕自身音楽経験は薄いです。4歳から6年間エレクトーン、それから2年間ピアノをしましたが、やめてしまいました。吹奏楽部に入ってはいるものの、おちこぼれで、後輩の顔も知らないし、チューバ持って帰ってもいろんな理由でなかなか吹けません。コンクール近いのに・・・。こんな僕ですが、どうしてもゲーム音楽を作りたいんです。ただのわがままかもしれませんが・・・。そのためには、少なくとも音大目指さなければならないと思います。しかし、どうすれば入れるだけの力を身につけられるんでしょうか?
音楽教室みたいなところに、また通ったほうがいいんでしょうか?よろしければ、助言だけでもいただけないでしょうか? 光田さんはどうされたんですか?失礼なことだとはわかっているんですが、(僕自身人に頼りすぎてはいけないと思っていますが)力を貸してください。
 (光田本人より)
僕は音大(四年制のちゃんとしたとこね)には行ったこともないし、受験をしたこともないので、何をすれば入れるのかわかりませんが、話を聞く限りでは専門の先生(いわゆる音楽の家庭教師)に教えてもらい、徹底的に勉強しなければ入れないらしいですね。(まあ、実力がある人はそんなことする必要もないのかもしれませんが)
ちゃんとした音大に入りたいのでしたら、そういう人を捜してみてはいかがでしょう?


 (水無月晶さんより)
ゼノサーガもですが、an cinniuintの楽譜は出版される予定はないのでしょうか?
 (光田本人より)
要望が多ければ考えますよ。是非、署名運動を!(笑)  
でも出版にあたっての諸々の実作業とかを考えると、今のところちょっと望みは薄いかなあ・・・。


 (小助川博之さんより)
ゼノシリーズのJoanneが歌う曲にたいへん惹かれてIONAのアルバムを2枚ほど買いました。どれも新鮮な感じがして、とてもよかったです。(聞く前まではENYAのような幻想的な曲が多いのかな、と推測していました。ちょっと違ったみたいです)
光田さんはIONAの曲のなかでどの曲がお気に入りですか?また、ゼノシリーズの歌い手にJoanneを登用したきっかけとなった曲はなんでしたか。
 (光田本人より)
3枚目のアルバムを一番最初に購入したのですが、四曲目の「Chi-Rho」に惚れ込みました。
この曲を聴いて、ゼノギアスの歌はこの人に唄ってもらいたいと決めました。


 (奏さんより)
いつ頃、音楽を始めたのか教えて下さい。僕は今大学1年生なのですが、今から音楽を始めても光田氏のような作曲家になれる可能性があるのでしょうか?
 (光田本人より)
音楽という意味では、4〜5歳ぐらいからですが(ピアノを習っただけね)、本気でやり始めたのは高校2年生の後半ぐらいからですかね。僕は僕でしかないので、僕みたいな作曲家ってのは無理だと思いますが、有名な作曲家になることは今からだって十分可能だと思います。


 (a-kuさんより)
貴方のポリシーは何ですか?
 (光田本人より)
自分自身にしか出来ない音楽を作り続けること。
そして進化し続けること。


 (sionさんより)
はじめまして。いつも光田さんの曲に感動し、そして尊敬しております。今、私は高校3年生なのですが、正直進路に悩んでおります。でも、作曲をしたいという気持ちは強くもっており、自宅で自作曲を作ってCDにしたりしています。しかし、作曲の知識もMIDIソフト、パソコンの知識もまだまだ不十分なのです。つい最近までは「音楽系専門学校」に行こうと自分自身で決めていたのですが、友人が(この友人は演劇関係に行きたいそうです)先日東京で実際某有名劇団の方のお話を聞いて、「専門学校より大学の方が良い」という意見を聴いてきたそうで、私にも「実際に作曲をしている方の話を聞いた方が参考になる」とすすめてくれたので今回質問させていただきました。
前置きが長くなってしまいましたが、その友人の話を聞いて、私の専門学校一筋の心が揺らいでしまいました。通っているピアノの先生からは「設備が整っている専門学校に行く方が良い」と言われ、友人には「大学で基礎を学んだ方が良いんじゃない?」と言われ…。実際のところ、どうなのでしょうか?専門学校にも何度か体験入学等に行ってきたのですが、基礎的知識はやるみたいだし…。光田さんはどう思われますか? 参考にしたいので、どうかご回答宜しくお願い致します。私には音楽しか本当に能がないので、絶対この道に進みたいと思っています。
 (光田本人より)
学校自体はどちらでも良いと思います。ただ、そこで出会う数々の先生、音楽仲間がこれからのあなたの人生でもっとも重要になってくるでしょうね。こればかりは入ってみないことにはわからないので、現段階では僕からはなんとも言えません。ただ一つ、良い学校かどうかの判断は自分次第です。勉強が身につけば良い学校だし、有名な学校に行ったからといって何も身に付かなければ意味がありません。それに、志を大きく持って努力すれば先生もきっと協力してくれるでしょうし、仲間も一緒になって頑張るでしょう。
要するに、「類は友を呼ぶ」なんですね。だから自分の意志と努力次第です。頑張って下さい。


 (Maturiさんより)
いつもステキだなあ、と思いながら聞かせて頂いています。
何だか突飛な質問なのですが、よろしいでしょうか? 最近、光田さんの曲を聞いていると、なぜか風を感じることがあります。屋内にいて、窓を閉めているのにも関わらず、何だか吹いている気がすることがあるのです。一時的な感覚のいたずらかと思ったのですが、そうでもなさそうだったので、不思議に思っています。音楽を作る側としては、そういう感覚を持っているのは当たり前の事で、そういうねらいを持って曲作りをしていらっしゃるのでしょうか? 例えば・・・どれも私の好きな曲なのですが、ゼノギアスの中の「風が呼ぶ、蒼穹のシェバト」は、文字どおり、爽快な風が吹いているのが感じられますし、クロノ・クロスの「クロノマンティーク」ではリズムのせいか、南国風の暖かい風を想像させます。私のただの思い込みなのならそれまでですが、何だか光田さんは、風や自然現象をもう自分の音楽のツールにしてしまえる人なのではないかと内心思っております。南の国まで行って風を捕まえてきて、いっしょに録音するわけではなさそうだし、かといって、単なるそういう技法に頼るだけでもなさそう・・・ですよね。どうしたら、そのような音楽が生まれてくるのですか?
 (光田本人より)
そう言って頂けると光栄です。(笑)
僕自身、自然が大好きで小さい頃に田舎で育った環境が曲に現れているのだと思います。大人になって体験したことは、現在の曲にはほとんど現れないと僕自身は思っています。思い出を消化するには何年もの月日が必要だからです。そういった意味で、曲の中に田舎臭さや風を感じるのだと思います。それを感じ取ってくれることは僕にとってとても嬉しいことです。


 (Luis Zavalaさんより)
光田さんは英語、喋れるんですか?
 (光田本人より)
I can't speak English!
いつも海外に行く時、自分で話せたらなーって思うんだけど、全然勉強しないんです。(泣)


 (Alcahestさんより)
FFXIの作曲を頼まれていたと言う話を聞きましたが、本当ですか?それとあとスクウェアの浜渦氏の作曲スタイルはどう思いますか?
 (光田本人より)
はい、本当です。
しかし、ちょうどゼノサーガの仕事と重なっていたため、お断りしました。
浜渦君の楽曲は個性的で、彼は非常に良い曲を書く作曲家だと僕は思っています。これから膨大な曲を書いて行くにつれて彼がどう変化していくのか、とっても楽しみです。


 (Edgarさんより)
マリオ・パーティーの為に数曲作曲したと言うのは本当ですか?ちょっと聞いてみたんですがあまりにも光田さんのスタイルとかけ離れていたもので。
 (光田本人より)
マリオ・パーティー1は全曲僕が作曲しました。(2以降は僕ではないです)
ラテン系のサウンドでまとめてみたので、ある意味コテコテの光田サウンドとは違うから驚かれたかと思います。
でも、こういうのも実は大好きだったりするんです。(笑) 結構僕っぽい「マリオ」だと思ってるんですけどね。


 (Chris Maffeiさんより)
私も作曲をやっててちょっと気になったことがあるんですが、光田さんは一曲作るのにどのくらい時間をかけますか(例えば「時の傷痕」など)?
 (光田本人より)
切羽詰まっている時や、やたら調子の良い時は、1日2〜3曲書きます。でも僕の性質としてやはり、あればあっただけの時間をかけてしまいますし、スランプでどう頑張っても書けない時は、1週間でも10日でもその1曲を引きずってます。時にはしばらく寝かせてみたり。ゼノギアスのエンディングテーマなんか、デモ作るのにさえ随分あーだこーだと悩み、日数がかかった記憶があります。かと思えば「時の傷痕」は1日で作りました。(スケッチのみですが)でもレコーディングや直しなどを入れると、やはり結構時間がかかっているのかな。


 (Babooskaさんより)
光田さんは何個の楽器を演奏できるんですか?あと曲は何を使って作っているんでしょうか(五線紙、コンピュータ、シーケンサー、など)?
 (光田本人より)
どの楽器もろくに演奏できません!(笑)
曲を作る時は、ピアノとコンピュータで作っていますが。ほんと、もっと演奏が上手くなりたいです。


 (Zethさんより)
もし次のクロノの話が光田さんのところに来たら受けると思いますか?
 (光田本人より)
面白そうな内容で、そのゲームに僕の音が必要ならば参加すると思います。



5月の質問

 (黒牧ケイトさんより)
『クロノ・クロス』のオーケストラヴァージョンとか出す予定はありますか?
 (光田本人より)
これまた凄い質問ですね(笑)。
オーケストラバージョンは・・・た〜ぶ〜ん〜出ないのではないでしょうか?どこからかそういう企画でアルバムを出したい、とか言ってくれるところがあれば、まあ別ですけどね。
クロノ・クロスで僕が考えているのは、静かな喫茶店などでかけてもらえるようなゆったりと落ち着いたアレンジにして、僕の好きな村治佳織さんなんかに弾いてもらえたらな〜(理想)って・・・そんなイメージです(笑)。



舞台音楽も今後されていくと聞いたんですが、その際携わる舞台の発表はここでしてくださるんでしょうか。そうした場合その音楽はCD化の可能性はあるのでしょうか。映画音楽にも挑戦したいそうですが、その過程でアニメ番組、あるいはアニメ映画などの音楽を作曲することも視野に入れておられるのでしょうか。
 (光田本人より)
やることになればもちろんホームページ上でお知らせします。レーベルも立ち上げたことですし、可能な限りCDも出していきますよ。アニメTVや映画も、勿論やってみたいですね。


 (マモさんより)
光田さんの音楽がすごく好きです。常識かとは思いますが、好きだからといって光田さんの音楽をMIDIにしてweb上にアップするのは、やはりいけないコトですよね? 個人で楽しむ分にはイイのですか?
 (光田本人より)
そうですね、ホームページ上でのMIDIの扱いが厳しくなったみたいで、勝手にアップすることは禁止されています。でも JASRAC(日本音楽著作権協会)に連絡をして、正規の手続きを踏めば可能らしいですよ。まあ、そこまでしなくても、“個人で楽しむ分には”特に問題ないと思います。煮るなり焼くなり好きなようにして下さい(笑)。(スタッフより:3月のQ&Aに掲載された返答もご参考にされて下さい)



光田先生はスタジオで何時間もの間座って作業をされてると思うのですが、どのような椅子に座っておられますか?それと、機材の欄にあるオーラトーンですがアンプは何で使っておられますか?先日、オークションで手に入れたので参考になればと思いまして。
 (光田本人より)
イスはこれです。確かに長時間座るので、イスって大事なんですよね。
オーラトーンのアンプは10年前に買った「NAKAMICHI」のAmplifier1っていうのを使っています。ナチュラルな優しい音のするアンプです。



音楽を作る時に一番大事にしていることってなんですか?
 (光田本人より)
キザな言い方ですが、やはり自分の楽曲にどれだけ愛情を注げるか、ってところでしょうか!



僕は今大学受験を控えた高校三年生なのですが、自分のこれからの進路と言うのがまだ定まらずにいます。光田さんは高三で進路をお決めになり、音楽の道へと進まれたんですよね?その時知識と言うか、なんと言うか、例えばコンピューターに詳しいとか何か得意な事はあったんですか?
僕は恥ずかしながら本当に何もありません・・・強いていうと、小学校の頃ピアノをやっていました。が、やる気が無く本当にぜんぜん弾けません。弾けてせいぜいFFなどの曲をバイエルのレベルにあわせたものぐらいで・・・何にも武器を持たない僕でも、これから音楽の道へと進む事が出来るんでしょうか?
 (光田本人より)
断言はできませんが、出来る(可能性はある)と思います。いつも言っていることなんですが、向き不向きはあるにしても、諦めない限りなんとか形にはなるものです。
ただやはり、最低限のことは出来なければもちろんやっていけないわけですから、現時点で、貴方は他の音楽家志望の人達より遅れをとっているのは事実です。それをはねのけるだけの根性、つまり他の人よりずっと努力して現状を挽回するだけの気力と粘りが、この先ずっとあるのなら、そして「自分の目指す音楽」というものがしっかりあるのならば、きっとやっていけると思います。何があろうとも好きな音楽だから辞めない、諦めないという自信があるのなら迷わすやるべきですし、いいかげんな気持ちなら即刻やめたほうが賢明です。僕の経験から助言できるのはこのぐらいです。一度の人生、頑張って下さい。



光田さんはゲーム音楽は聴かれますか?聴かれるのでしたら、どなたの曲を聴かれますか?
 (光田本人より)
あまり・・・っていうか普段はまず聴かないですね。サンプルでもらったりしたときは聴いてますが。なのでそれ以外は全くと言っていいほど聴く機会がありません!(笑)



自分もゲームの開発をしているものですが、光田さんに、一つ質問があります。なぜ、一、二時間しか寝ないで仕事ができるのでしょうか?(笑) また、その秘訣は? 二徹でへばっている自分は体力不足なのでしょうか?
 (光田本人より)
僕もしっかり寝ないと仕事の能率は悪くなるほうなんですが、締め切りが近いと、もう本当に、どう考えても“物理的に寝る時間が取れない”ので、仕方がないのです。それにそういう時って、ピーンと気が張っているせいか、仕事が出来てしまうのです。ある一線を超えると何かが覚醒するのでしょうね。人間、究極の状況を迎えると、その中で思わぬ底力を発揮するものです。僕は今までにかなり何度も、その“究極のの状況”を経験しています。(こればっかやってると、きっと長生き出来ません。涙)


 (Christopher Rodriguezさんより)
光田さんは「やりがいのあるプロジェクトしか手掛けない」と言いますが、ゼノ・シリーズはやりがいがあると思いますか? もしあるのでしたら、ゼノのどこに「やりがいがある」と感じるのでしょうか?
 (光田本人より)
ゼノ・シリーズについては賛否両論あると思いますが、RPGにおける新しい試みをしていたと思うのです。そういった今までにない新鮮さが、僕のやる気を奮い立たせたのだと思います。


 (Joshさんより)
クロノ・クロスのトランペット用のスコアはありませんか?
 (光田本人より)
これまた凄い質問ですね。トランペット用の譜面はさすがに無いですね(笑)。申し訳ないのですが、耳でコピーするのが一番かと・・・。


 (Saad Alayyoubiさんより)
アコースティック楽器の中で光田さんが一番お気に入りなのは何ですか?
 (光田本人より)
難しい!
非常に難しい質問です。
困ったな〜〜。一つに絞れないよ〜〜。
あえて言うなら、ギターかな!? いややっぱりチェロかな〜、それともピアノ・・・ってやっぱり選べません(笑)。


 (Marcus Velaquezさんより)
ゼノ・シリーズの続編も光田さんが担当されるのでしょうか?
もし担当するとすれば、またジョアンヌにボーカルを歌ってもらうと思いますか?
 (光田本人より)
ゼノサーガ エピソードIIに関しての情報はまだ入って来ていません。(2002年6月現在)
ですので、僕がゼノサーガ エピソードIIをやるかどうかも決まっていないので、ここではなんとも言えない、ってとこですね。もちろんジョアンヌに歌ってもらうかどうかもまだ全然決まっていません。



クロノ・クロスのエンディング曲の歌詞は光田さんが書いたのですか?
 (光田本人より)
いえ、歌詞はみとせのりこさんによるものです。
(正確には、みとせさん&加藤正人氏の合作のようですが)


 (Jared Yountさんより)
先日僕の学校のプロジェクトで友達とCREIDの「BALTO」をアレンジして演奏してみました(お金は全く関わらない単なる学校のプロジェクトです)。アコーディオンだけパートがいなかったのでアルト・サックス用にアレンジすることになりましたが、結果は大成功でした。ここで一つ質問なんですが、光田さんはどうやってアレンジのアイディアを考えるんですか? THE BRINK OF TIMEやCREIDをオリジナルと聞き比べるとあまりにも違うので・・・。他のミュージシャン達と一緒にコンセプトなどを考えながら作っていくのでしょうか? それとも全部一人で考えて最終的にそのコンセプト通りにミュージシャン達に演奏してもらうのでしょうか?
 (光田本人より)
基本的な骨組みは作っておきますが、“こういった雰囲気の楽曲にしたい”ぐらいしか最初は考えません。あとはそのイメージを具現してくれるアレンジャーさん(上記2作品についてはKALTAさん)の技術(?)を借り、残りは全てスタジオで、その場のノリで考えながら作っています。
シンセで打ち込んだところで、それが生音に差し替わると全然聞こえ方が変わってしまいますからね。演奏者がたまたまアドリブでサラッと弾いちゃった部分がすごくイケてたら、「それで行きましょう!」になりますから、スタジオでは。パーカッションなんか特に、使う楽器をその場で決めたりしますよ。最終的に僕の頭の中にある目標地点(イメージ)に到達できれば、その過程は何でもアリだと思っています。


 (Dragon Godさんより)
最近シャドウ・ハーツで弘田さんと一緒にお仕事をしましたが・・・弘田さんと作曲するのはいかがでしたか? あと、シャドウ・ハーツの曲書きの経験は今回ゼノサーガの曲書きに何らかの影響を与えましたか? 最後に、もしいつかまたスクウェアの作曲家と一緒にプロジェクトを担当するとすれば誰と一緒に仕事をしてみたいと思いますか?
 (光田本人より)
彼は刺激的な音楽を作るので、一緒にやっていて楽しいです。また、作っている音楽は違うけれども思考や音楽に対する情熱は同じものを持っているので、一緒に仕事し易いですね。シャドウ・ハーツの時のテーマとゼノサーガの時のテーマは違うものなので、参考になるとか影響を受けたとかはありません。最後の質問ですが、特にいませんね〜。



私はクロノ・トリガー、クロス、ガンハザードなど光田さんが作曲された曲の、ピアノの楽譜は持っているのですが、先日、クロノ・トリガーのエレクトーンの楽譜が販売されていたことを知り、早速探したのですが・・・既に絶版になっていたので本当に困っています。どうしても欲しいので、何とか手に入れる方法はないでしょうか? クロノ・トリガーのエレクトーンの楽譜は販売してないんですか?
 (スタッフより)
申し訳ございませんがクロノ・トリガーのエレクトーン楽譜に関しては、出版社の(株)ヤマハミュージックメディアさんにお問い合わせください。絶版とは言え、もしかしたらまだどこかのお店に流通在庫が残っているかもしれません(随分前の商品なので可能性は低いですが・・・)。


 (nattuさんより)
最近、ニューエイジヒーリング系ミュージックのデレリウムにはまっています。光田先生はお好きでしょうか?
 (光田本人より)
あ〜聴いたことないですね。今度機会があったら聴いてみます。どんななのかな?



ゼノギアスの「最初と最後」って何語で歌ってるんですか? 歌詞は英語と日本語が載ってますが、何回聞いても英語には聞こえないんですが。
 (光田本人より)
英語ではなくて、ブルガリアの言葉である「キリル語」で歌っています。元々あの歌は、監督の高橋哲哉さんが日本語で書いた詞を他の方が英語に訳し、それをまたキリル語に訳して現地の人達に歌ってもらったのです。キリル語じゃ何が何だか全くわからないし、第一読めないので(笑)、ブックレットには英語の詞を載せてみたのでした。


 (静希さんより)
録音する際の演奏者というのは、光田さん自身が選んでいらっしゃるのですか?アマの方を起用した事は無いのでしょうか?
 (光田本人より)
演奏者はだいたい自分で決めます。(“こんな音が欲しい”という時に、それに見合う人が僕のほうで思いつかない場合は、コーディネーターさんにイメージを伝え、それに限りなく近い人を探してもらったりもしますが)
希望の人がはっきりしている時って、僕は大抵とんでもない演奏者の名を挙げるので、コーディネーターさんはいつも困っています(笑)。予算やスケジュールの関係もあるし、逆に「どうやって連絡とればいいのかわかんないよ、こんな人〜」ってな人もいたりしますし(笑)。音楽にアマもプロもないので、自分が欲しい音を出してくれる方なら誰にでもお願いしますよ。海外のミュージシャンなんかは、普段は普通の仕事をしてて、たまに演奏の仕事が入ったらふらっと楽器持って出陣、という人も多いですしね。これをプロと呼ぶかアマと呼ぶかはあまり重要ではないでしょう?



4月の質問

 (西山紘人さんより)
アン・キニュントみたいに64のマリオパーティーやボンバーマンの音楽をタイトルなどを変えてCD発売してもらえませんか?
 (光田本人より)
残念ながらマリオパーティーやボンバーマンの音楽は著作権を僕が持っていないのです。(泣)
曲の権利を持っていれば出せたんですけどね。(更に泣)


 (大平祐揮さんより)
ゼノサーガのサウンドを作るにあたって、クラシックのCDを1日に何十枚も聴いたとありましたが、たとえばどんな曲を聴いたのか教えてください。
 (光田本人より)
そうですね〜、色々聴きましたが、ワーグナー、ラベル、バッハ、マーラー、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ブラームスなどなど数えきれません。


 (TKさんより)
今や国際的に人気のある作曲家となった光田さんですが、今後アメリカなどでプロデューサーとして活躍する予定はありますか?
 (光田本人より)
何処の国とか関係なしに、面白いことを思いついたり、面白い仕事が来たらどんどんチャレンジしていきたいと思っています。頑張ります!


 (小助川博之さんより)
ゼノシリーズの楽曲は、その重厚かつ荘厳なストーリーに負けず劣らず素晴らしいと思います。特にジョアンヌの歌う4曲は毎日必ずといっていいほど鑑賞しているほどです。光田さんがゼノシリーズの歌い手としてジョアンヌを選んだのにはどんな理由があるのですか?
 (光田本人より)
ゼノギアスを開発していたとき、海外のミュージシャンに唄ってもらおうってところまでは決まっていたのですが、なかなか自分の中でのイメージに合ったヴォーカリストが見つからず悩んでいたときに、ふと買った「IONA」のCDが凄く良くて、一気にジョアンヌの虜になってしまったわけです。



「CHRONO CROSS」の続編「CHRONO BRAKE」が出ると言う噂を沢山見つけたのですが、そのゲーム音楽は光田さん担当なのでしょうか??(ってかそうであって欲しい・・・ってかそうじゃなきゃ嫌! 笑)
 (光田本人より)
どうなんでしょうかね? 開発しているんでしょうかね? 僕は関わっていませんのでなんとも・・・。(苦笑)



私は音楽学校の生徒なんですが、できれば私の学校の友達とOrmusを歌いたいと思っています。これは著作権的にはどうなんでしょうか?あと、もしソプラノ、アルト、テナー、ベースの譜面が出版されていたら是非購入したいのですが...
 (光田本人より)
ファンクラブの特典として以前“Ormus”のフルスコアを作りました。これはソプラノ、アルト、テナー、ベース全て完璧に書かれています。今後の展開としてゼノサーガのフルスコアが出るかどうかわかりませんがどこのメーカーからも出なければ、プロキオン・スタジオで作っちゃおうか〜って話もあります。(まだ具体化はされてませんが)使用権については、学校で楽しく歌っていただく分には全然問題ないですよ。


 (手島雄紀さんより)
僕は、将来作曲家になりたいと思って勉強を始めたのですが、「天性の作曲家の才能」みたいなものがないと良い曲は創れないものなのでしょうか?それとも一生懸命勉強をすれば誰でも良い曲が作曲できるようになるのでしょうか?
 (光田本人より)
どうでしょうね。僕なんか本格的に作曲を始めたのが遅かったので天性とか作曲家の才能があったとは思えないんですけどね。「継続は力なり」ではないですが、やはりずっと作り続けることが大事なのではないでしょうか!


 (ガリコメさんより)
『ラジカル・ドリーマーズ』のスタッフロールか何かに「歌・ボイス」と書いてあってそこに光田さんの名前がある、と聞きました。私はやったことないので知らないのですが、歌があるのですか? そして、光田さんは歌っているのですか?
 (光田本人より)
唄ってます。(笑)
っていうか“う〜っは〜っ”とか言っているだけなんですけど。たしかヤマネコと闘う曲かなんかでしたね。(うろ覚え)



アメリカの作曲家で一番好きなのは誰ですか?
 (光田本人より)
アメリカですか!
う〜ん誰でしょう!?
最近では、ジェームス・ニュートン・ハワード(「ダイナソー」の作曲者)が好きです。とかいいながらジェームス・ニュートン・ハワードってアメリカ人かどうか知らないんだけど・・・。



光田さんはご自分の曲の為に作詞することはありますか?
 (光田本人より)
自分には作詞能力が無いと思っているので書きません。(泣)
でも、昔は詩をよく書いてました。それを披露したのはクロノトリガーのサントラですね。あと、クリイドでも1曲(原詩として)書きましたが、やはり歌詞は工藤姉さんにはかなわないです!(当たり前だ!)


 (高橋恵理さんより)
光田さんはエレクトーンで演奏されたクロノ・トリガーの曲を聴いた事がありますか?
あと、エレクトーンを弾いた事がありますか? あっても無くても、エレクトーンへの意見(感想?)を聞きたいです。
 (光田本人より)
以前ヤマハからエレクトーンの楽譜が発売されたとき、ヤマハの人が打ち込んだエレクトーンのデモを聴いたことがあります。
ってこれは、譜面をチェックしなければいけないので当たり前なんですけどね。
あと、エレクトーンは昔弾いたことがありますが、撃沈されました。あまりに難しくて。(笑)
でも、色々なことが出来るエレクトーンは演奏して遊ぶには最高の楽器ですよね。


 (下川陽祐さんより)
光田さんは作曲のときにヒントにしているものとかありますか?
 (光田本人より)
なんでもヒントになりますよ。
例えば、絵であったり、詩であったり、写真であったり、全然違うところで、旅行に行ったりとか、誰かと話したりとか・・・って質問の意味違う?



大きなプロジェクトを手掛けている時は一日の睡眠時間は大体何時間くらいですか?
 (光田本人より)
開発末期だと、1、2時間ぐらいしか寝ないかな。
一番辛かったのはゼノサーガの開発でしたね。この時は1ヶ月間くらいず〜っと1、2時間しか寝れなかった。夢の中でも曲を書いてました。(眠りながらメロディーを口ずさんでいたらしい←スタッフ談)



光田さんが初めて電子音楽を作られた時について教えて下さい。AmigaモジュールやImpulseTrackerの経験はございますか?それとも最初からシンセやMIDIで音楽制作していたんですか?
 (光田本人より)
僕が始めてコンピュータミュージックを始めたのは高校生の時で、バイトして買ったヤマハのDX21(シンセ)とカモンミュージック(シーケンサー)で打ち込みしてました。当時Amigaは凄く欲しいコンピュータだったんですが、学生ではとても買える値段ではなかった記憶があります。コンピュータミュージックをやる前は、二台のラジカセを使ってピアノをピンポン録音して遊んでました。

※ピンポン録音とは、とりあえずラジカセに演奏したものを録音して、それを聴きながら演奏したものをもう1台のラジカセに録音するというものです。


 (Tsing Muiさんより)
プロキオン・シャツなど作る予定はありませんか?
 (光田本人より)
いいですね〜〜。
って着る人いるのかな〜??
なにか良い機会があれば、作ってみようかな!


 (ふみさんより)
光田さんはラジカルがロムとして公表されなかったことをどうおもいますか? こちらとしては非常に残念なんですけど・・・・。
 (光田本人より)
とても残念ですね。
僕は出来ることなら自分が参加した作品は何かしらの形で世に残しておきたいので、本当に残念です。
加藤ちゃんのバカヤロ〜〜。だからあの時言ったじゃないか〜!!(実はクロス発売の時に、オマケとして一緒につけようかっていう話もあったようななかったような・・・笑)



ゼノサーガのサントラにスネアで参加されているMaki Susukidaさんは、いったいどのような方で光田さんとはどのような関係なのですか? 僕はパーカッションやってるんで気になって気になって…
 (光田本人より)
僕も今回初めてお会いした方なのですが、とても可愛らしい女性で心底楽しんで演奏してくれました。演奏もめちゃめちゃ上手かったです。今度はぜひ違う形でアルバム制作に参加してもらおうと思ってます。


 (大浦エリさんより)
ゼノギアスではヴォーカルヴァージョンが出ていましたが、ゼノサーガのはでるのでしょうか? 出たら物凄く嬉しいのですが。アイリッシュ風にアレンジしたものとか。
 (光田本人より)
ゼノサーガのアレンジバージョンになるかどうかはわかりませんが、何らかの形で、ミレニアム・フェアは復活させます。って別にバンドではないので解散したとか復活とかもないですが・・・(笑)
なので、メンバーも同じとは限りませんが、あの手の作品を今後は作っていきたいと思っています。


 (高橋恵理さんより)
ずっと前学校の購買で中古CDあさってたら、Nick Heywardの「from monday to sunday」というCDがあって…。なんかそのジャケットが「THE BRINK OF TIME」にそっくり(表が目玉焼きで、裏が食べ終わったお皿)だったんですけど…。参考にしたとかあったんでしょうか? 気になってます。
 (光田本人より)
そんなのがあったのですね。(見てみたい〜)
あのジャケットはデザイナー君に僕のテーマだけ伝えて作ってもらったものなのですが、最初は鶏ではなかったような・・・(なんだったっけな?)
その「from monday to sunday」っていうCDはいつ発売されたのでしょうか? もし、「THE BRINK OF TIME」より早く発売されていたのなら、デザイナー君が参考にしたのかな〜。でも、たまたまだと思うけどな〜。

ちょっと裏話ですが、あのジャケットに写っている鶏はわざわざスタジオで写真撮ってました。(ひよこも)また、卵焼きもスタジオで何個も卵を焼いてたな〜。失敗した卵はアシスタント君が食べてました。(笑)


 (nishiさんより)
ゼノサーガの楽譜は出るんですか?
 (光田本人より)
今のところ、どこからも話は来ていません。
とりあえずピアノ譜についてはドレミ出版の方に話してみようかな〜とは思いますが、ダメだったらプロキオン・スタジオで作っちゃうかもしれません。(笑)
ただ、その場合流通ルートがないので通販になってしまいますが・・・


 (mmさんより)
クロノトリガーのバンドスコアが欲しいです!
 (光田本人より)
残念ながらバンドスコアは無いですね。
自分の解釈でアレンジしてみてはどうでしょう!
また、バンドを組んでいるならメンバーのみんなとあ〜でもない、こ〜でもないと試行錯誤するのも楽しいかと。


 (RADIOHEADさんより)
ロックは何処のバンドのを聞きますか? メタルとかへヴィロックて、聴きますか?
 (光田本人より)
メタルとかヘヴィロックはあまり聴きませんね。
ハードロックなら、ヴァンヘイレンが大好きです。
あとは、スティーブ・ヴァイとか・・・。


 (河田めぐみさんより)
「Pain」や「Kokoro」の着信メロディが欲しいのですが、どうでしょうか?
なるべくなら、会社・機種関係なしにダウンロードできればいいのですが・・・。
 (スタッフより)
光田の作品の着信メロディは今後プロキオン・スタジオからも配信していこうと考えていますが、配信開始の時期や価格、対応機種などにつきましてはまだ検討中です。詳しい内容が決定しましたらまたこちらのInformationにアップしますので、もうしばらくお待ち下さい!


 (悠姫さんより)
いつも曲を聴いてます。そして、その曲をバックに小説を書いてるんですが、いつか完成したら、ぜひ読んでください。そして、それにマッチした曲を作ってくれませんか? すっごくあつかましいのは承知の上ですが、ダメでしょうか。けっこう(かなり)ゲームっぽい話なんですけど…。
 (光田本人より)
もちろん読みますよ。出来たあかつきには送って下さい。ただ、そのお話はバックに流していた曲が一番合うと思いますよ。なので、僕が曲を書く隙間はたぶん無いでしょう。(笑)


 (gemさんより)
ゲーム雑誌等々でうわさされていたと思ったのですが、ゼノサーガでゲーム系の音楽はやめてしまうんでしょうか?個人的には、あんなに素晴らしい曲をかいているのになんかもったいないというか寂しいです。
 (光田本人より)
今後は、バンド活動や舞台音楽、そして何より映画音楽をやってみたいな〜なんて思っています。(出来る出来ないは別としてね)なので少しずつではありますが、ゲームの仕事は減らしていくつもりです。ただ、自分が凄く「やりがいがある」と思ったゲームの仕事なら、勿論やらせていただくとは思いますが・・・。


 (Kouさんより)
僕は植松さんと光田さんの大ファンなのですが、どうしてスクウェアを退社されたのですか? FF10で植松さん以外の方が作曲に参加するって聞いた時、光田さんがまだスクウェアにいらっしゃってお二人のタッグが「FF」で実現されたらなぁ、とすごく思っていました。もうお二人が組まれることはないのですか? だとしたらとても残念なのですが。
 (光田本人より)
スクウェアを辞めたのは、新たな自分の可能性を試すためです。
実はFF11の作曲のお話はいただいていたのですが、スケジュール的にきびしくて、お断りさせていただきました。
今後、植松さんとタッグを組むことは・・・う〜ん、たぶん無いでしょうね〜。
「テン・プランツ」のような「企画ものCD」だったらあるかもしれませんが、ゲームでは無いと思いますよ。



3月の質問


『ゼノサーガ』のアレンジアルバムは出す予定はありますか?
 (光田本人より)
“ゼノサーガのアレンジ・ヴァージョン”として出す予定はありませんが、個人的なアルバム(ソロ・アルバム)として出す可能性はあるかもしれません(あくまで希望ですが)。



ファンの方で、「光田さんの楽曲をアレンジした作品をネットにアップしている」というのをよく見かけますが、光田さんご本人はこれについてどう思われますか?
 (スタッフより)
厳密には、日本の法律では著作者(光田)以外がアレンジしたものを、ネット上にアップすることは禁止されております(MP3、MIDI、その他どのようなフォーマットであれ)。ですが、悪意を持った楽曲の扱い方、もしくは商用として光田の楽曲を扱っていない限り、特にこちらからは注意はいたしません。ただ、光田の楽曲を管理している出版社の方から忠告があった場合は、即座に中止していただくことになると思いますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。



僕がアレンジした(光田さんの)曲を聞いてほしいのですが、どうしたらいいでしょう?
 (光田本人より)
いいですよ。送っていただければ、聴きますよ。ただし、意見を返してあげることができるかどうかはわかりません。ごめんなさい! それでもよければ、遠慮なく送って下さい。送り先は、
〒178−8799 
大泉郵便局留 プロキオン・スタジオ 光田康典 宛で。



ご存じないかもしれませんが、私の国(フランス)には光田さんファンが大勢います。できればいつかパリでコンサートを開いて頂きたいのですが、可能でしょうか? よろしくお願いします。
 (光田本人より)
日本のアーティストが数多くフランスでライブをやっていると聞きますが、僕は固定のバンドを組んでいるわけではないので、コンサートを開くのは非常に難しいとは思いますが...でも! チャンスがあれば、是非やってみたいと思います!



私は現在16歳の高校生で、いつも光田さんの曲を聞きながらファンタジー小説を書いています。いつの日かこの小説を映画化しようと夢見ているんですが、その時は是非! 光田さんに音楽を書いていただきたいと思っています。多分まだ5〜10年はかかると思いますが、もし映画化が決定しましたら光田さんに音楽を頼んでもよろしいでしょうか?
 (光田本人より)
いいですよ〜! よろこんで〜!
是非頑張って、一緒に何か作れる日が来るといいですね!!



私はジョアンヌ(IONA)が歌う光田さんの曲が大好きです(中でも"Small Two of Pieces"と"Kokoro"が特に)! いつか彼女と一緒にアルバムを作る可能性はありますでしょうか?
 (光田本人より)
僕はあるけど...彼女がね〜(笑)。
IONAというバンドもやっているので、どうですかね〜? 
僕のソロ・アルバムとかに、“参加”ってことはあり得るかもしれませんけどね。



どこかのサイトで光田さんが『Bomberman 64』と『マリオ・パーティー』の制作に携わったという話を聞きましたが、本当ですか?
 (光田本人より)
『Bomberman 64』というのが『爆ボンバーマン2』のことを指すのでしたら、それは本当です。当ホームページのプロフィール・セクションでも紹介されていますが、両作品とも作・編曲家として参加しています。(『マリオ・パーティー』は全曲、『爆ボンバーマン2』は数曲のみの参加です)



ローランドのエキスパンション・ボードの中で一番のお気に入りはどれですか?
 (光田本人より)
特に好んで使っているものはありませんが、強いて選ぶなら、「ORCHESTRAL II (SR-JV80-16)」ですかね?



「冥き黎明」と「紅蓮の騎士」の歌詞(?)を教えてください。
 (光田本人より)
歌詞はありません。なんて言っているんでしょう?
僕も解りません(笑)。音としてとらえて下さい!



プロフィール画像で光田さん御本人がギターを弾いていらっしゃいましたが、光田さんがギターで得意なのはアルペジオ系ですか、それともコード弾きですか? ちなみに、お使いになっているギターはクラシックギターですか?
 (光田本人より)
得意ではないけど、コードのカッティングかな〜? 何故かと言うと、少々押さえられてなくてもごまかせるから(笑)。


 (安田 香央里さんより)
『クロノ・クロス』のサントラのDisc3にある「海月海」はどう読むのが正しいのでしょうか?
 (光田本人より)
「クラゲカイ」と読みます。


 (タクトさんより)
プロキオン・スタジオのスタッフ紹介をして欲しいです〜。というかプロキオン・スタジオのスタッフっていったい何人くらいいらっしゃるのでしょうか?(できれば全ての方のお名前も知りたいです)
 (光田本人より)
会社設立後は、正確には僕を含め7名の社員がいます。名前と写真はファンクラブ会報第6号にだいたい載っています。それを参照して下さい(笑)。(つまりファンクラブに入らないと、わからないってことか!?)



『クロノ・クロス』のオープニングの曲を聴いて私はヴァイオリンであの曲を弾きたいと思っているのですが、楽譜がありません(涙)。今後『クロノ・クロス』のヴァイオリンの楽譜を出したりはしないのですか? 私は是非出して欲しいのですが...。
 (光田本人より)
要望がたくさんあれば、どの曲もスコアとしてプロキオン・スタジオから発売する可能性はあります。ですが、今のところ要望が少ないので、ありません(涙)。



クラシック音楽は聞きますか? もし聞くのでしたら、一番好きな作曲家は誰ですか?
 (光田本人より)
クラシック、聴きますよ! 特に好きなのは、ラベルやバッハです。


PROCYON STUDIO