トップページ
トップへインフォメーションプロフィールディスコグラフィースレイベルズプロキオン・ストアサポート日記特別企画楽曲の使用についてメール英語版サイト有限会社プロキオン・スタジオwebmasterへメール
 
 
   

4月の質問

 山崎さんより
僕は作曲家を目指して日々頑張っているのですが、デモテープなどを光田さんに送ってもよろしいのでしょうか?
takさんより
光田さんに質問です。私は小学校の半ば頃光田さんの曲を聴き、その影響から音楽というモノにハマってしまいました。その後すぐ作曲まで始めました。それはもう見よう見まねで。今も趣向や形態は変われど曲を書いていて、その根底には光田さんの音楽が私の中にあり、おかげで今はしつこく音楽の道に進んできてしまっています。イヤ、それはもちろん自分がやりたい事だからなのですが、でも原因はやはり光田さんです。そこで、大変ご多忙かと存じますが自分の曲を光田さんに聴いて頂く事は可能なのですか? いつか暇を見ながらでもいいので聴いて貰いたいです。どうなのでしょう。
 (光田本人より)
聴くことは可能ですよ。みなさんの力作を送ってみてください。メディアはCDだろうとMP3だろうとMDであろうと何でもOKです。ただ、僕も学生時代そうだったのですが、曲を作って先生に聴いてもらっても、特にこうしたらいいとか、ああしたらいいとかという意見はもらえませんでした。ず〜っと「なんで色々と言ってくれないんだろう?」と思っていたんだけど、今考えてみると、誰かが一生懸命作った音楽に対して“第三者”があ〜だこ〜だ言えないし、言う権利もないんですよね。(自分の弟子ならまだしも・・・)同じ曲でも聴く人によって感じ方が違うのと同じことだと思います。なので、僕からはこうした方が良いとか、ああした方が良いと言うことは出来ませんが、それでもよければ送って下さいね。


 はるなさんより
初めまして、こんにちわです。僕は小学校の時に「クロノ・トリガー」をプレイして以来、密かに光田さんのファンをやっております。今回、気になる事がありましてお聞き致します。「クロノ・トリガー」内の楽曲、「風の憧憬」なのですが、ヴァイオリン(若しくはオーケストラ)のセッションのヴァージョンが存在すると聞きました。何のアルバムに収録されているのでしょうか?もしかして未収録なのでしょうか?
 (光田本人より)
密かにではなく、おおっぴらにファンをやってください(笑)。さてさて、「風の憧憬」のヴァイオリン(若しくはオーケストラ)のバージョンがあるかどうか? という質問ですが、無いと思います。少なくとも僕は作った覚えがありません。もしかしたらPS版のクロノ・トリガーに入っているのかもしれませんが、そうだとしてもCDとかには収録されていません。残念ですが・・・。


 花図馬さんより
こんにちは、花図馬と申します^^ 早速質問ですが、光田さんの音楽も含めて好きな映画を教えてほしいです。別にドラマでもアニメでもいいんですが...それでは失礼いたします。
 (光田本人より)
映画ですが・・・う〜んありすぎて書き切れません。基本的にアメリカの映画は好きではありません。(いわゆるハリウッド系)どちらかというと、ヨーロッパ系の映画が好きですね。


 朱鷺也さんより
どうも、こんにちわ。光田さんの音楽を聴いて、衝撃を受け、今MIDIを作っているのですが、「CHRONO CROSS」の曲はホームページに掲載してもいいのでしょうか?とりあえず、今は載せさせて頂いてますが、もし不都合がありましたら掲載をやめますのでよろしくお願いします。
 (管理人マットより)
申し訳ございませんが「クロノ・クロス」のMIDIをホームページ上にアップする場合はセプティマ・レイという光田の曲を管理している出版社に一度お問い合せ下さい。そのままネット上にアップされるのは違法となりますので、くれぐれもお気をつけ下さい。なお、著作権に関する質問は1ページにまとめてありますので上のプルダウン・メニューから「著作権に関する質問」をお選び下さい。


 伊藤静香さんより
はじめまして。私が光田さんの曲の中で、というか生きてきた中で一番好きな曲が『最先と最後』です。光田さんはレコーディングで現地に行かれたと思いますが、生のブルガリアンヴォイスはどうでしたか?やっぱり鳥肌が立っちゃったりしましたか? 生で聴いてみたいです・・・。あと、あれは何語なんですか?
 (光田本人より)
当時(今でもそうみたいですが)ブルガリアは不景気のどん底で、街には活気がなく、首都のソフィアすら廃墟のように静まりかえったひどい状態でした。正直こんなところで、ブルガリアンヴォイスがレコーディング出来るのか不安でしょうがなかったです。
そうした状態なのにもかかわらず、コーラス隊の人々は心優しく、本当に音楽を愛し、歌うことが好きでたまらない、そんな人たちばかりで、自分の曲以外でもブルガリアのトラッド曲を目の前で何曲も歌ってくれました。鳥肌がたつという次元を超えた感動を味わいましたね。今でも忘れられないのが、指揮者のおやじさん(60歳ぐらい)がレコーディング終了後の打ち上げで、食事が出来ないくらい疲れ果てていて(自分の口に食べ物を持っていけずぽろぽろこぼしたりワイングラスも持てない状態)、自分の曲にこれほどまで全力投球してくれたその姿に、思わず涙しました。ゼノギアスではCDという媒体でしか皆さんに聴いてもらえなかったのが非常に残念ですが、その中でも「一番魂の入った」テイクを選んだつもりです。それから、歌っている言語は「キリル語」というブルガリアの言葉です。


 サトシさんより
いつも楽しく拝見させて頂いております。お聞きしたいのですが、光田さんは、個人でライブをされないのですか?もしなさっているとして、それが収録されたCDは発売されないのでしょうか?
 (光田本人より)
演奏が下手なので人前で演奏するのは苦手なのですが、なんとか実現したいと考えてはいます。でも、ライブCDとなると正直ね〜〜・・・(笑)。


 中村冷美さんより
こんにちは、あまり音楽に詳しくないのですが、光田さんのお気に入りのパーカッションは何ですか?
 (光田本人より)
色々ありますよ。ダラブッカ、ハンドシンバル、タンバリン、ジャンベ、フレクサトーン、ベルツリー、カシシ、カスタネット、ナッカリ、と・・・ま〜正直書き切れません(笑)。


 Keijiさんより
こんにちは。Sailing to the Worldの楽曲達を聞けば聞く程好きになっていく今日この頃ですが、一つ質問があります。トラック8番の『Point of No Return』のバックで流れているフィルターを通したようなリズムはどうやって出しているのでしょうか?
 (光田本人より)
これはミックスする時に、色々エフェクトをかけています。(モジュレーション、フェイザー、ステレオイメージャーなど)それと、ステレオのリズムパートの片方チャンネルだけ逆位相にして、目の前(耳の中と言った方がいいかな?)で鳴っているような感じにしています。ただ逆位相にする場合、聴く位置によっては消えて無くなってしまうのでミックスする時に気をつけなければいけません。こうした楽器数が多い曲の場合は、どうしても一つ一つの楽器が埋もれがちになるので、そうした技を使うときもあります。


 azeさんより
BRINK OF TIMEに関して。特に好きなCDですが、光田節というか、いつもの光田さん的な曲作りとは方向性が異なったものだとも感じています。これは、KALTAさん他、周囲の人の御尽力もあった為だと思いますが、実際光田さんの携わった部分は仕事としてはどのくらいの量なんでしょうか?
 (光田本人より)
僕はCDのコンセプトを考えたり、アレンジに関して構成をこうして欲しいと要望を出したり、ソロパートのOK出しとか、ジャケットなどのデザインに口を出したり(笑)とかです。トータルな意味でのプロデュースですね。「こんなイメージのアレンジバージョンにしたい」という意図は僕によるものですが、それを元にした具体的な音作りに関しては、KALTAさんのアレンジのセンスが光るアルバムになっていると思います。



あのう、一応、無いとは思って聞きますが・・・Q&Aのコーナーが更新されて嬉しいのですが、2002の10月から12月の間までに受け付けられた質問は、ひょっとして全て没ですか?!
 (管理人マットより)
申し訳ございません。質問はいつも大量に届くため、全ての人々に答えることが出来ない可能性があります。また、その時期はサーバーの移行のためにQ&Aの cgi 自体止まっていた可能性もあります。


 晶子さんより
私は今年になってからクロスを買って即オープニングの「CHRONO CROSS〜時の傷痕〜」に惚れました。吹奏楽でパーカッションやってるせいか、どうしてもパーカッションのリズムだけが頭に残ったりしてます。そこで質問です。私はゲームの曲を吹奏楽でやりたいと思っていたんですけど、どうせならクロノ・クロスのメドレーをと思っています。吹奏楽の譜面を作る予定などはないのですか? もしメドレーが無理なら「CHRONO CROSS〜時の傷痕〜」だけでもいいので作ってほしいと思います。
 (管理人マットより)
以前も「CHRONO CROSS〜時の傷痕〜」の楽譜化に関する質問を受けましたが、要望が多ければどの楽曲も楽譜化は可能です。今までの楽譜に関する質問は全て1ページにまとめてありますので、上のプルダウン・メニューの中の「楽譜に関する質問」をご覧ください。


 りんさんより
私は、クロノ・クロス、ゼノギアスのサントラを持っています。その中で、結構短調の曲って多いですよね。それを聞いて、私も短調の曲作りに挑戦! と思ったのですが、短調というのは音階を上がるのと下がるのの音が違うとか、何種類もあるとか(よく分かりませんが・・・)たくさん人から聞いているうちに、曲作りはどこかへ行ってしまって、短調が一体どんな風な仕組み(?)になっているのかを追求する方に行ってしまいました。光田さんならご存じかなと思ってここに書きました。もしご存じでしたら教えて下さい!
 (光田本人より)
理論の観点から言えば、短調は3種類のスケール、つまり「ナチュラル・マイナー」、「メロディック・マイナー」、「ハーモニック・マイナー」があるわけですが、各スケールは長所と短所を持っています。曲によって使い分けるわけですが、正直曲を書いている時はほとんど意識しません。僕がよくやる手として、曲が暗くなりすぎるのを極力さけるために「メロディック・マイナー」(メジャーに一番近いスケール)を使うことが多いみたいです。またこのスケールで作ると、歌う人にとっては(歌モノの場合ね)音程が取りやすいメロディーを作ることが可能です。ま〜頭で考えるより、メロディー主体で曲を書いていけば自然と体(っていうか、心かな?)が行きたいスケールが導き出されるはずです。マイナーは奥が深いのでいろいろ曲を書いてみて下さい。



1月〜3月の質問

 kyoさんより
こんにちは。突然ですが、光田さんは多くの楽曲を今までに作ってきたと思いますが、現在までにどれくらいの数の曲を作ってきたんですか? 未発表曲も含め、だいたいでいいので教えてください。
 (光田本人より)
どうなんでしょうか!? 実際数えたことないのですが、たぶん没曲を含めると1000曲は超えていると思います。世の中に出てる曲はその半分くらい??(笑)


 小泉んさんより
貴殿の曲を聞いていると当たり前の如く作曲の自信を失うような気がする今日このごろでございますが、ごくまれに突然、曲が降りてくるのですが、どうも頭が良くないらしく、すぐに忘れてしまいます。そういう時、光田さんはどうされますか?
 (光田本人より)
曲が降りてくるという感覚は僕にはめったにありませんね(苦笑)。ま〜そういった状況になるのは経験上、あまりにも忙しく寝る時間も無い時に起こることが多いです。(っていうか半分寝ているのかも)そういえば昔は寝ている時によく曲を口ずさんでいたらしいです。なので、枕元に五線紙を置いて寝ていた時期もありました。



クロスでバイオリンが使われている曲のバイオリンの譜面というのは入手可能でしょうか? 可能でしたらどのようにすれば良いかも教えて欲しいのですが・・・
 (光田本人より)
現在のところフルスコアは売られていませんので、入手するのは不可能だと思います。ただ、要望が多ければ作ってもいいですけどね。


 ワールド・オブ・カオスさんより
お聞きします。今オーデイオテクニックスのステレオで音楽わ聞いているですがスピーカーわ約一本10万以上なんですけど光田さんのオススメのスピーカーとアンプってありますかね。あったら教えて下さい。テクニックスわ最高ですね。音が原音に近いですね〜(笑)
 (光田本人より)
最近スタジオを自分たちで作ったせいか、実はスピーカーよりも部屋の形や、電源周り、ケーブル、アンプといった、スピーカーそのものよりもスピーカー周辺のものの方が影響があると感じています。たぶんオーディオテクニックスのステレオもそのままでかなりいい音がすると思いますが、更に部屋の大きさに対してのスピーカーのセッティングや電源などに力を入れるともっともっといい音がするんでしょうね。それから、通常のリスニング用とスタジオ用のスピーカーとではかなり考え方が違うので、一概にどのスピーカーが良いとは言い難いのですが、スタジオ用のスピーカーでは周波数特性がとにかくフラットであることが大切ですし、リスニング用ではとにかく疲れないということが大切であると思います。ということで色々なスピーカーを聴いた中でスタジオ用ではメイヤーサウンドのスピーカーを選びました。リスニング用ではアンプBurmester(ブルメスター)808 Mk5とWilson benesch(ウイルソン・ベネッシュ)ACT-1 Evolutionの組み合わせがかなりいい音がしていました。購入はしてませんが。っていうかこれだけで400〜500万ぐらいすると思います。安くて良い音、というところではデノンが好きです。



クロノクロスのギター譜を購入させていただきとても気に入っております。ご質問したいのはゼノサーガのギター譜についてですが、これは著作権等で無理なのでしょうか? もし可能であればご検討頂きたいです、よろしくお願いします。
 (光田本人より)
ゼノサーガの著作権は僕が持っているので、譜面を出すことは可能ですよ。ということで実は今、フルオーケストラの譜面を作ろうと、企画を練っています。値段的にはかなり高くなってしまうかもしれませんが・・・


 田口和行さんより
いつも楽しく見させてもらっています。
早速ですが質問です。合唱が入る曲を作る際、合唱パートのシミュレーションには何を用いるんですか? この場合もサンプリングCD等の声ネタなんでしょうか?宜しければ、お答えをお願いします。
 (光田本人より)
とっても良い質問ですね(笑)。
そうなんです。合唱っていうのはとても特殊で、シンセの声ネタだけではとてもシミュレーションは不可能なんです。声ほど複雑に音符の中で音色を変えられる楽器はないですからね。で、レコーディングされることが前提の楽曲の場合は、ロンドンコーラスという音ネタ(AKAI S3200用音ネタ)を使ってとりあえずシミュレーションしてみます。ただ、やはり実際の生録音になると雰囲気が全然変わるので、その場で譜面を直したりする場合がほとんどですね。その他の対処方法としては、レコーディングする前に仮歌を入れてチェックする場合もあります。(歌手である友人に実際に歌ってもらいます)シンセの打ち込みで完パケる場合は、とにかくダイナミックスレンジと音色に細心の注意をはらって打ち込みをします。かなり時間がかかるので、声モノの打ち込みは正直あまりしたくないですね(笑)。


 yskさんより
クロノ・トリガーの曲はもうアレンジされることはないのでしょうか? トリガーの曲は光田さんの作曲家としての原点でありながら、今の曲とはかなり異質なものに思えます。「風の憧憬」や「サラのテーマ」、「クロノとマール」などに光田さんが今どんなイメージを持っていて、そのイメージは曲にどう現れるのか、考えていると夜も眠れません。「THE BRINK OF TIME」は素晴らしい。でも「CREID」に及びません。5年後でも、10年後でも、いつか実現されることを願っております。
 (光田本人より)
僕の気持ちと、権利関係の問題で、たぶんトリガーの曲はもう新しい形にアレンジされることはないと思います。どこかで言ったかもしれませんが、色々な意味であの時代の音楽を再現することは難しいのです。正直、未熟な点が多々あったクロノ・トリガーの楽曲たち(言い方を変えれば若々しい音楽とでもいうのでしょうか)を今の僕がそれなりに上手にアレンジしたところで、あの頃書いた音楽(気持ち)をより良く表現することは無理ですし、あの当時の音質のチープさがクロノ・トリガーの良さでもあります。未熟だったけれども今とは違う輝きを持っていたあの頃の曲たちを、今の僕があえて新しい形で提示し直すようなことをするつもりは毛頭ないんです。あれらの曲はあれでひとつの完成形だから。そういった意味で、クロノ・トリガーのアレンジはもう出すつもりはないのです。ごめんなさい。ただ、クロノの続編が出るとなれば昔の音楽を再構築してゲームに入れる可能性はあると思いますが・・・(クロスのようにね。言うなればあれが、クロノ・トリガーから4年後の時点での、僕なりのアレンジなのです)


 takkeさんより
先日買ったクロスのギター譜を見て、友達と練習し始めました。RADICAL DREAMERSをやってるんですが、あらためてギターの難しさを実感。吉良さんすごい。光田さん本人はギターそれ程上手くないといいますが、ラジカルはどの位弾けるんですか? また、コツとかあったら、教えてください。
 (光田本人より)
半分ぐらいなら弾けます(笑)。
曲の構成としてはそんなに複雑ではないですし、コードもそんなに多くないので曲としてはそんなに難しくないのでしょうが、リズムが取りにくいですし、ず〜っとアルペジオなので、綺麗に音を出さないと間違えたと思われるのが難点ですね(笑)。なので、とにかく握力をつけることから始めるのがこの曲を上手く弾くコツだと思います。あの吉良さんでもかなり手が痛いって言ってましたから(笑)。



光田さんは「スレイベルズ」のレーベルで、自分の担当したゲームのサントラではなく、自分のオリジナルアルバムを作ろうとは思ってないのでしょうか? すばらしい楽曲なので、ぜひ期待しているのですが、そのような予定はないのでしょうか。
 (光田本人より)
考えてますよぉ〜。そのためにレーベルを作ったわけですからね〜。がんばりますよ〜〜〜!! だいぶ進行遅れてますけど・・・(苦笑)。(編注:この辺りのことはファンクラブにご入会いただけますと状況がわかります。笑)


 沙菜さんより
いつも光田さんの曲を聞かせてもらっています。
どの曲も大好きなのですが、この先、光田さん作曲の曲の中から、クリイドのように、アレンジアルバムを作る予定はないのでしょうか?
それから、私は歌手を目指してまして、光田さんの曲に勝手ながら歌詞をつけて(個人的にですが)歌っているのですが、光田さんは、自分の作った曲に歌詞をつけたりとか、しないのでしょうか?
 (光田本人より)
上記の質問でも書きましたが、今後スレイベルズ・レーベルから色々な形で出していくつもりです。また、歌詞をつけるかどうかっていう質問ですが、僕はあまり言葉で表現するのは得意ではなので歌詞はつくりません。昔はよく手帳に詩を書いてましたけどね(笑)。


 小助川博之さんより
ゼノサーガを応援する某サイトで仕入れた情報なのですが、光田さんはゼノサーガEpisode2の作曲を担当しないということは本当のことなんですか。
ゼノファンの一人としては、ゼノサーガという作品は前世であるゼノギアスも含め、音楽は光田、歌手はJoanne Hoggでこれからも進んでいくのだろうと期待していたのですが。

リンさんより
私は光田サンの作る音楽が大好きです!!
ですから、「ゼノサーガEP2」はもちろん光田サンが作曲すると信じて楽しみにしていたんですが.....
他BBSでEP2は光田サンが作曲じゃないということを訊きました......
これは本当なんでしょうか?
私の場合、ゼノサーガを購入した一番の理由は光田サンが作曲していると知ったからです。ですから本当ならかなりショックです......
 (光田本人より)
う〜んごめんなさい、ここではちょっと言えません。まだ商品の発売について何も発表されてませんし、やはりちゃんとした情報は制作元・発売元からの発表を待ったほうがよいかと思います(笑)。しかしインターネットとは恐ろしいですなぁ〜〜〜。


 まきしゅうさんより
光田さんの音はいつも楽しみにさせて頂いています。
ゲーム音楽って、そのゲームをプレイしていないでCDだけ聴いてもピンとこないものが多いと思うのですが 光田さんの音はお世辞なく単体でも聴きたくなります。
ここで質問なのですが、クロノクロスのオープニングテーマ曲に胡弓だと思われる音を聴くことができるのですが、あの音源はシンセサイザーですか? それとも生演奏ですか? それともサンプリングCDですか? もし生演奏以外なら使用している胡弓の音を教えてください。
 (光田本人より)
胡弓?? ヴァイオリンではなくて?クロノ・クロスのオープニングはほとんど生録音なので、たぶんヴァイオリンのことを言っているのだと思いますが、ヴァイオリンと尺八の音でユニゾンさせています。そういえば以前も「胡弓を使っているんですか?」という質問をされたことがあったな〜〜。かなり面白い音で録れているので、ヴァイオリンだとは思わないのかもね。


 Kirさんより
光田さんの音楽をクロノ・クロスから聞いていますが、フリーになってから曲が変わったと言うかゲーム会社によってそれぞれ音楽の感じが変わると感じました。原因は他にあるかもしれませんが、ゲーム会社によって作曲するときに要求されるものは、ある程度決まってるのでしょうか? それともスタッフによるのでしょうか? 話は変わりますが、ズバリ、光田さんのオリジナル着メロが欲しいです!! 光田オリジナルの着メロがあったら、ファンとしてはたまりませーん!! と、いうことで忙しいとは思いますが、そういうのは無いのでしょうか?
 (光田本人より)
フリーになってから曲調変わりました?? そうなのか〜〜〜(自分ではあんまり実感がないんだよね)。で、曲についてのゲーム会社からの要求はもちろんありますよ。ディレクターによってまちまちですが、すっごく細かく指示してくる人もいれば、完全に僕にお任せという人もいます。それから着メロの件ですが、着メロの作り方がわかればやってもいいですね。
(実は未だに着メロってのを打ち込んだことがないのです。笑)


 笠原 孝文さんより
初めまして。一つご質問なんですが、自分は今、音楽の専門学校に通っていて、この4月から2年に進級します。
しかし、専門はたったの2年なので(光田さんの学校も2年でしたよね)もうこの3月から『就職活動』がスタートしています。なので、本来ならばもう大急ぎでやらなければならないのですが、自分の行きたいような(ゲームの作曲系)の会社がなかなかなくて、逆を言えば、自分に会わない(やりたくないような)会社に無理矢理就職するのはどうかと思えてしょうがないのです。
このQ&Aのコーナーを見ても、やはり自分のやりたいことをやった方が良いのかもしれませんし、かといってやはりプレッシャーや焦り、不安は隠しきれません。作曲家としても、相当な努力と、知識、スキルの習得が必要でしょうし、僕には音楽しか出来ないので、例え就職したりプロになったりしなくても音楽はずっと続けていきたいのです。光田さんはこういったプレッシャーを(在学2年間で)どのように乗り切られたのでしょうか?
 (光田本人より)
当時は、2年間しかないし、就職できなかったら実家に帰るしかないな〜って思っていたのは確かですが、それ以上に音楽が面白くて“就職”という概念では考えていませんでした。今思えば、在学中の2年間はプレッシャーを感じる暇もないくらい音楽そのものに没頭していたんだな〜って思います。ま〜でもやっぱり2年間だけではとても音楽のことなんて理解できないし、ましてや作曲という職業を選ぶなら、“就職”することが目的にはなり得ません。一生かけて勉強しても足りないと思うからです。で、“就職”という行為自体についてですが、とりあえずどこかに入ってみるというのも一つの手だと思います。自分に合わないかもしれませんが、何か学び取るモノは必ずあると思うのです。お金もらいながら人付き合いや会社のシステムを知り、また音楽に専念出来る“環境”を手に入れられるのなら願ったり叶ったりではないでしょうか?? それで、もう自分に吸収出来るモノが何もないと感じた場合はその会社を辞めたっていいわけですしね。考え方は色々あると思うんです。


 時の子さんより
個人的に今年1年は深夜作業、徹夜作業などで忙しく、かなりの体力勝負になりそうです。ですが、自分は体力にそう自信があるほうではありません(泣)。光田さん流の、体力づくりなどいい方法がございましたら、教えて下さい!
 (光田本人より)
僕も若いうちは体力があったので2〜3日は徹夜が出来たんだけど、最近は体力の衰えからか、8時間くらい寝ないとちゃんと体が動きません。(実際仕事しているとそうもいきませんけど)そこで、体力には限界があるので、それよりも仕事を能率良くこなす方法を考えることにしています。で、結論ですが、やっぱりしっかり寝ることだと思います。これが実感。(ぜんぜん回答になっていない。ごめんなさい。笑)


 takahisaさんより
クロノ・トリガーのサントラ(スーファミ版)の購入方法を教えてください。もうCDショップでは販売されてないのでしょうか?
 (スタッフより)
おそらくまだCDショップにて購入できるのではないかと思うのですが・・・。もし店頭にない場合は、その場でご注文していただければと思います。(商品名、品番、販売元を店員さんにお伝え下さい。商品の詳細は当HPのディスコグラフィーをご参照願います)あるいはネット通販などをご利用いただくという手もあるかと思いますし、直接発売元・販売元へ在庫の問い合わせをしてみるという方法もあるかと思います。どちらにしましても商品在庫の有無につきましては、申し訳ございませんがこちらでは判りかねますので、何卒ご了承下さい。


PROCYON STUDIO