ミックス 3日目

Posted by Micchan

24 8月

とりあえず、今回分のミックスは完了。
明日は1からチェックして、
ゲーム用のマスタリングをして
ファイルを書き出す作業。
今回は凄いクオリティです。
あとはゲームの方を頑張ってもらわないと。


ミックス 3日目 はコメントを受け付けていません。

ミックス 2日目(不具合)

Posted by Micchan

23 8月

今回初めて導入したGENELECの5.1chスピーカー。
どこのスタジオで聞いても、GMLという音場補正ソフトの
おかげでちゃんとフラットになるように聞こえるという
すぐれものスピーカー。
販売店の話では5.1chの場合、ドルビーデジタルに
準じた音量設定になるとのことなのですが、
どう計測しても規定の音量までサブウーファーが
上がりません。
色々と調べているのですが、どうやら計測用の
マイクに問題があるのではないか?というところに
行き着きました。
ベースマネージメントを外すと、とりあえずは
音量があがるのですが(これも変なうごきですが)
なんか気持ち悪いです。
早く解決させたい。


ミックス 2日目(不具合) はコメントを受け付けていません。

MIX

Posted by Micchan

22 8月

今日から4日間ミックス作業。
今回は5.1chミックスなのでとても楽しみ。
良い感じに仕上がると思います。

mixing


MIX はコメントを受け付けていません。

台風

Posted by Micchan

21 8月

流石の豪雨に壁から雨漏り。
以前も大雨で雨漏りがしたのですが、
壁からとは・・・。

雨漏り


台風 はコメントを受け付けていません。

台風

Posted by Micchan

20 8月

コロネ:「ゴシュジンサマ」
コロネ:「タイフウガキテマス」
ペンネ:「でっけー!あれは、ヤバイッテ!」

という会話をしているみたいです。

pen & coro


台風 はコメントを受け付けていません。

音楽雑誌

Posted by Micchan

18 8月

某音楽系雑誌に「劇判で使えるストリングス音源」なんていう
特集をしていましたが、打ち込みじゃなく弦ぐらいはちゃんと
レコーディングしましょうよ、と思ってしまいます。
こした特集を雑誌でやってしうのは正直ちょっと悲しい。
もっとレコーディング方法やオーケストラの録り方など
特集したほうが若手作曲家の為になると思うんだけど。


音楽雑誌 はコメントを受け付けていません。

オリンピック

Posted by Micchan

17 8月

日本選手の金メダルラッシュが凄いですね。
多くの方に感動と力を与えてくれます。
本当に素晴らしいです。
日本でのオリンピックもまた楽しみです。


オリンピック はコメントを受け付けていません。

疲労

Posted by Micchan

16 8月

やっとレコーディングが終ったので
ほんの少しだけ気が緩んだのか、
身体がずっしりと重くて疲労感がすごい。
まだ、これから山ほど作業が残っているので
ここらで回復してまた頑張らないと。
今日と明日は流石にお休みします。
クライアントの皆様、ごめんなさい(^^;)。


疲労 はコメントを受け付けていません。

Orchestra Recording 3rd day

Posted by Micchan

15 8月

いろいろ最終日。
今日は14型2管編成4331で楽団集まっての一発録りです。
最近、この一発録りが好きでよくやります。
理由としては、各楽器がちゃんとバランスを
とりながら演奏するので混ざりがとても良い。
セパレートで録ると違和感が出てくる。
あと、ピッチがよくなる。
他の楽器を聴きながらの演奏だと、微調整が出来る為
非常にピッチ感がよくなります。
それと、倍音の関係で音がとてもまろやかになり、
表情豊かな音になります。
オーケストラは出来る限り一発で録るのが好ましいですが
この狭い日本ではなかなか難しい問題でもあります。
(予算的にもですが・・・)

最終日

指揮者の佐々木新平さんと
佐々木新平さんと


Orchestra Recording 3rd day はコメントを受け付けていません。

Orchestra Recording 2nd day

Posted by Micchan

14 8月

今日も引き続きレコーディング。
今回ゲームの仕様上、フィールド曲のみ
ステム(各楽器をバラバラに録音)
レコーディングをしています。
今日はBrassのレコーディング。
いつも楽曲をかっこいいーーと気に入ってくれて
真剣に対応してくださるJonathan Hammill
(ジョナサン・ミハル)には感謝です。
何事にも真剣に取り組んでくれる様は
嬉しいですしそれが微妙な音に現れます。
しかも、激ウマで僕が望んでいるHornの音がします。
今後もずっとお願いしたいくらいです。


Orchestra Recording 2nd day はコメントを受け付けていません。

Orchestra Recording 1day

Posted by Micchan

13 8月

本日から3間、東京交響楽団によって
レコーディングが行われます。
怒濤の作曲で身も心もHPがゼロの状態ですが
ホールで響くオーケストラの音は
全ての疲れを吹き飛ばしてくれるほどいやされます。
今回は14型3管編成6331での録音が2日。
14型2管編成4331が1日と大編成です。

14型オーケストラレコーディング


Orchestra Recording 1day はコメントを受け付けていません。

やっぱり

Posted by Micchan

12 8月

レコーディング前は必ず徹夜(^^;)
さて、明日まで1曲。


やっぱり はコメントを受け付けていません。

黒執事 Book of Atlantic

Posted by Micchan

11 8月

2017年1月21日(土)全国ロードショーです。
劇場版「黒執事 Book of Atlantic」の音楽を担当いたします。
というか自分の誕生日が公開日だ!
なんか嬉しい。
いや、その前に何曲書かなきゃ〜いけないんだ?
アタマガマッシロ!


黒執事 Book of Atlantic はコメントを受け付けていません。

Wallis Bird

Posted by Micchan

10 8月

アイルランドのシンガーソングライター
Wallis BirdのDazeという曲。
あーこういう女性シンガーって本当にかっこいい。
グルーブが最高。左利きというのも素敵。
このクオリティで1曲歌うんだから
レベルがすごすぎますね。


Wallis Bird はコメントを受け付けていません。

残り4日

Posted by Micchan

9 8月

大規模レコーディングまで残り4日。
とにかく沢山の曲を用意しておいて、
録音出来るだけしておきたい。


残り4日 はコメントを受け付けていません。

過剰反応

Posted by Micchan

8 8月

最近、芸能人がTwitterなどで発した言葉が
炎上し話題になる、ということが多くなりましたが、
それほど細かいニュアンスをTwitterなどで
書けるわけでもないですし、(特に文章は難しいですしね)
そうした一意見もあるという程度にとどめておけば
いいものの、みんなでよってたかって批判を浴びせるのは
ちょっと異常だな〜と感じてしまう。
自分の考えと違う考えを持っている人だって当然いるし、
そのことが正解、不正解は別にしても発言に対して
その人の人格まで否定するのは違う気がします。
場所も違う、生きてきた環境も違う、当然考え方も違う、
そうした人たちが互いに前向きに意見交換出来る、
というのがネットのいいところではないかと思いますが、
なんか憂さ晴らし、人を陥れる、そういうのを楽しんで
いるようにも見えて怖い。


過剰反応 はコメントを受け付けていません。

吉良さんお別れ会(Katami wake)

Posted by Micchan

7 8月

本日は吉良知彦氏とも最後のお別れ。
僭越ながら、最後の言葉をかけさせていただきました。
僕にとってどれほど大きな存在だったか。
そして、吉良さんがどれほど多くの方に愛されていたか
沢山感じ取れた一日でした。
本当に素晴らしい会でした。
きっと天国から吉良さんも喜んでいたことでしょう。
そして、多くの懐かしい方達とも会えて、
改めて人とのつながりが大切だなと感じました。
お別れ会が終った後は、Millennial Fairの皆さんと
吉良さんを囲んでの飲み会。
メンバーのみんなとも久しぶりで、
とっても楽しい悲しい会合でした。
やっぱりMillennial Fairの皆は最高です。
和気藹々と想い出話しで盛り上がりました。
かならずや、このメンバーでライブを再度やりたいですね。
きっと吉良さんも団長として来てくれる事でしょう。

millennial fair

fusion

millennial_fair2


吉良さんお別れ会(Katami wake) はコメントを受け付けていません。

5.1ch system

Posted by Micchan

6 8月

結局悩みに悩んで5.1chは
Genelecの8351APで組みました。
7.1chにも対応可能ですし、
解像度は一番高かったですし、
低域から高域までバランスがよく、
各楽器とリバーブがしっかりと見える。
それでいて、聞いていて疲れない。
また、デジタルとアナログの入力端子があるし、
モニターコントローラーを別に
用意する必要がない。
という所がポイントでした。
サウンドウーノの宇野さん、
セッティングまでおつきあいくださり
ありがとうございました。

Genelec8351AP


5.1ch system はコメントを受け付けていません。

トラブル

Posted by Micchan

5 8月

急にディスプレイが映らなくなり、
のどには違和感が・・・。
ほんと頼みます。
これ以上、変な時間、体力を使わせないでください。
激務の時に限って本当に機材って良く壊れる。
しかし、LGのディスプレイ一度修理してもらったのに
また壊れた。もともと問題があるんじゃーないかな??
しかもLGは修理に凄い時間かかるので
もうディスプレイを購入するしかない。
Mac ProもそもそもUSB周り、Thunderbolt、Wifiと
良くないんですよね。
ストロングなマシンをお願いします。


トラブル はコメントを受け付けていません。

腱鞘炎

Posted by Micchan

4 8月

折角治っていたのに、また腱鞘炎かな〜。
手首が痛くて鍵盤が弾けない。
いや〜ほんと、ちょっと考えないといけない。
このままでは音楽出来なくなるのも
時間の問題になってきた。


腱鞘炎 はコメントを受け付けていません。

歌録り

Posted by Micchan

3 8月

本日は某ゲームの某シーンで掛る歌録りでした。
某声優さんに歌って頂いたのですがとても上手かった。
僕のポリシーとしてピッチ補正は使わず
テイクでなんとかいいものを録っていくのですが、
この方は最初から最後までかなり完璧に歌いました。
こうなると、歌い方のニュアンスで欲が出てくるもので
本当に細かいところまでこだわって録音出来ました。
こういう仕事は精神的にもいいですね。
素晴らしかったです。


歌録り はコメントを受け付けていません。

Thank you very much.

Posted by Micchan

2 8月

To everyone who participated in Vocal Audition 2016,

It is a great honor to have many applicants beyond my expectation.
I have carefully listened to the demos, of which all were astonishingly brilliant.
Here I report that we have sent emails to successful candidates,
who were particularly superior and would possibly fit for our project as a vocalist.

Again, thank you very much for all your great songs.

4th Aug 2016
Yasunori Mitsuda


Thank you very much. はコメントを受け付けていません。

スコア

Posted by Micchan

1 8月

これでもまだ半分。
残り2週間でこれと同じ量の譜面を作らなければいけない。

score

ゲームの資料もないまま、レコーディング日だけは決まっていて
作曲はひたすらおこなわなければいけない。
資料がないってどれだけ音楽が作りづらいことか・・・。
もっと理解して欲しい。


スコア はコメントを受け付けていません。

来年こそは

Posted by Micchan

31 7月

自分のやりたいことをやる。
すみませんが請負は今いただいている仕事で最後にし、
当分は自分のやりたい制作物に専念すると思います。


来年こそは はコメントを受け付けていません。

栽培

Posted by Micchan

30 7月

うちの枝豆がだいぶ出来てきた。
あと2週間ぐらいかなー。
2週間たてばちょうどレコーディングも
一段落していることだし
ビールでも飲みながら食べたい。

枝豆


栽培 はコメントを受け付けていません。

限界

Posted by Micchan

29 7月

忙しさの限界を超えた。
もう倒れない事を神に祈るのみ。


限界 はコメントを受け付けていません。

Digital Performer 9.1

Posted by Micchan

28 7月

本日、Digital Performer9.1がリリース。
新しくなったNew-PreGenモードが恐ろしく素晴らしいです。
48Khz32bit 64Sampleで2管編成64331が余裕で動きます。
CPUは約30%〜40%で安定しています。
ちなみに、Vienna Ensemble Proを介すと逆に
PreGenモードが効かないのかバグなのか遅くなってしまいます。
確実にホストマシンで音源を立ち上げたほうが早いです。
ということでこれで別途マシンも、Vienna Ensemble Proも
いらないかもしれません。
もう少し使ってみないとなんとも言えませんが、
とにかくやっとマシン1台で完結出来そうなのが嬉しいです。
電気代、手間、マシン管理、これが一気に解消されます。

DP9.1


Digital Performer 9.1 はコメントを受け付けていません。

イナズマイレブン アレスの天秤

Posted by Micchan

27 7月

本日はLEVEL5 VISION 2016を見に行ってきました。
最新作、「イナズマイレブン アレスの天秤」の音楽を担当いたします。
無印(イナズマ1〜3)のころに時代はさかのぼるとの事ですが
また熱血サッカーを見る事が出来ます。
今回、日野さんの要望で特別にPV用にオーケストラを録音しました。
それほど日野さんも力が入っているという事でしょう。

最新PVはこちら

なんとなく音楽も無印のころの雰囲気に戻しています。
また、某テーマも入れてあります!!(^^)
さー凄いスケジュールになっていますが、
頑張ろうと思います。


イナズマイレブン アレスの天秤 はコメントを受け付けていません。

ポケモンGO

Posted by Micchan

26 7月

久しぶりに世の中にブームを起こしましたね。
昔はFFやドラクエが発売されるたびに、
長蛇の列がニュースになったりと、
ゲーム業界にも数多くのブームがありました。
最近、そうしたニュースがないなと思っていましたが
本当にすごい人気。
でも、この技術は特に目新しいものではないんですよね。
この手のゲームって実は何本か出ていて、
それまでのソフトはちっとも注目されなかった。
いかに、コンテンツが(特にキャラクター)が大事か
という事を考えさせられるニュースだと思います。
自分も一応はダウンロードしてみましたが、
最初の2〜3匹を捕まえたところで、
iPhoneからポケモンアプリは消えました(^^)。
まず、理由としてポケモンの内容を一切知らないので、
キャラクターを捕まえてもなにも分からないし、
ワクワク感がなかった点。
そして、移動してモンスター(?)を捕まえにいくほど
生活に時間的余裕がないという点です。
そんな時間があったら、1曲でも多く書かなければ
いけないので・・・。(クライアントに怒られてしまいます、^^;)
でも、きっと子供やポケモンファンは楽しいでしょうね。
自分なんかは庭にいるカエルやカブトムシや変な虫などを
見つけるほうがワクワクしますが・・・。
そういえば、いまだにモグラを捕まえてないなー。
ともあれ、夢中になりすぎて事故だけは
本当に気をつけてくださいね。


ポケモンGO はコメントを受け付けていません。

あれから一年

Posted by Micchan

25 7月

ちょうど去年の今ごろ、第一回目の20周年ライブを終えたころでした。
ライブ慣れしていない僕の身体はボロボロで明日も2ステージやるのか・・・
と思うと気が重かったですが、団長をはじめ、バンドメンバーの楽しそうな
姿をみてると不思議とパワーが湧き出てきました。
あれから一年、団長の吉良知彦さんはもういません。
あの時の音は一期一会で二度と奏でられる事はありません。
自分にとって、とても貴重な時間でした。
全ての公演が終ったとき吉良さんと抱きあって泣いたのを想い出します。
吉良さんは僕の作家20周年を心より喜んでくれたのです。
思い出すだけで心が痛いです。

少し落ち着いたと思って、日記を再開したけど、
やっぱり書いていると涙が出てくる。
まだ、受け入れられていないのかな・・・。
本当に悔しい。


あれから一年 はコメントを受け付けていません。

心の師。

Posted by Micchan

8 7月

僕の心の師。
zabadakの吉良知彦氏が7月3日に永眠されました。
初めて吉良さんと出会ったのは僕が25歳の時で、
その時に一緒に音楽を作らせてもらったのが
「CREID」という作品です。
当時の「ゲーム音楽」は多くの方から偏見を持たれており、
スタジオワークにおいて沢山嫌な思いをしました。
そんな中でも吉良さんは僕の音楽に真摯に向きあってくれて、
心から演奏することを楽しんでくれました。
イスから転げ落ちるぐらいまでノリノリで演奏したのを見て
本当に嬉しくて、嬉しくてたまらなかったのを今でも鮮明に覚えています。
誰にも媚びず自分のやりたい音楽(音)を追求する、
出したい音を出せ・・・。
ギターをかき鳴らす吉良さんの姿をみながらいつも
自分に言い聞かせていた気がします。
僕の心の支えでした。
吉良さんと共に酒を交わした時、
「光田さんはオンリーワンであれ」と言ってくれた事がありました。
自分らしさとは己を追求した先にあると信じています。
そんな吉良さんのギターは唯一無二の存在でした。
誰でもない、まさしく吉良知彦という音でした。
そして僕の作品には必要不可欠な音でした。

もう涙がとまりません。
昨日はオケのレコーディングだったのですが、
そのための作曲に追われていた為、
なんとか気力は持ちこたえていました。
(亡くなられたことは6日に知っていたのですが・・・)
でも今日になってまた涙があふれてとまりません。
これから自分のモチベーションを何処にもっていけばいいんだろう・・・。
音楽やっていく自信がどんどん失われていきます。
2008年にとても仲が良かったヴォーカリストの河合英里さんも失い、
次は吉良さんだなんて信じたくありません。
だけど、死は誰にでも平等に訪れます。
こればかりは避けることが出来ません。
だからこそ、大好きな音楽仲間と限られた時間の中で
精一杯音を紡いでいかなければいけないと思うわけです。
吉良さんと共に紡いだ音の数々は
きっとこれからも永遠に残っていくことと思います。

すみません、こうして打っている間も頭の整理がつかず
支離滅裂な文章になっていると思いますが、
とにかく20年間という短い間ではありましたが、
僕は吉良さんに出会えて本当に本当によかったと思います。
沢山の事を学ばせていただきました。
ありがとうございました。
おしむらくは、もっともっともっともっともーっと
一緒に作品を作りたかったし、一緒にライブをしたかったです。
僕がそっちにいった時は一緒に「Radical Dreamers」を演奏しましょう!
そして、また一緒に面白い曲を作りましょう。
ゆっくりと休んでのんびりと音楽を楽しんでください。

光田康典


心の師。 はコメントを受け付けていません。

« previous posts

Theme by Hosting-Agency Webhosting

Hosting-Agency ready Layout