朗読屋 再放送

Posted by Micchan

21 3月

今年の1月19日NHKのBSプレミアムで放送された
「朗読屋」の再放送が決定いたしました。
こんなに早く再放送が決定されるとは
とても嬉しい限りです(^^)/。
凄い評判だったとプロデューサーから
嬉しいメールが入っていたので
きっとまたみたいという声が大きかったのでしょう。
放送日は4月22日午後3時よりBSプレミアムより全国放送です。
本当に心温まる良いドラマなんです。
是非観てくださいね!

http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/roudokuya/


朗読屋 再放送 はコメントを受け付けていません。

イナズマイレブン アレスの天秤 PV

Posted by Micchan

19 3月

3月24日「イナズマイレブンウォーカー」にて
イナズマイレブン 〜アレスの天秤〜の新たな映像が公開されます。
今回も大きな編成で録音しました。
2曲だけだったので今日のレコーディングは超時間的余裕があって
細かなところに拘って録音出来ました。
とくかく、多くの素晴らしいミュージシャンの方々の
ご協力をいただき、迫力あるサウンドに仕上がっています。
お楽しみに!!

http://www.inazuma.jp/inazuma-walker/


イナズマイレブン アレスの天秤 PV はコメントを受け付けていません。

東洋大学講演会

Posted by Micchan

18 3月

東洋大学にて「映像と音楽の融合」という事で
講演会をおこないます。
ぼくは6月3日(土曜日)14:45〜
1時間半ほど講演をさせていだきます。
ご興味があるかたは是非おこしください。
誰でも参加可能です。
詳しくはまたTwitterやFacebookにて
お知らせします。


東洋大学講演会 はコメントを受け付けていません。

作曲脳と編曲脳

Posted by Micchan

15 3月

作曲と編曲の作業での脳の使い方は全く別物。
正直、このどちらも上手な人は数少ないと思っています。
僕は完全に作曲脳派。
編曲はトラッドと歌もの以外はそれほど上手くはない。
そして、素晴らしい編曲脳をお持ちの方はいます。
どちらかというと英才教育を受け、
音楽大学を卒業された方の中では
編曲脳の持ち主の方が多いでしょう。
しかし、明らかに編曲脳の方が得意なのに
作曲脳をフル回転させている人もいます。
でもやはり楽曲自体、ピントはこない。
この仕事を長く続けていると色々と細かい所まで
音楽を聴くだけで分かるようになりました。
そういった意味で、最近の音楽傾向は
面白いなーと感じています。
作曲とは良く聞かせるものではなく、伝えるものなのです。
そもそも編曲とは根本的な発想が違うんです。


作曲脳と編曲脳 はコメントを受け付けていません。

キャンドル

Posted by Micchan

14 3月

仕事場で使っているミニキャンドル。
オイルにはアロマも入っていて
とっても良い匂いがしますし、
部屋の雰囲気も良くなります。
実はその他にこのキャンドルは
とっても重要な役割をしてくれるんです。
オイルを満タンに入れて燃やすと
だいたいですが(芯の出し方にもよります)
4時間ぐらい燃えるのですが
朝に1セッション、昼から1セッション
夜に1セッションと一日必ず
12時間ぐらい作曲するようにしています。
それ以上だと体力的にも、精神的にも
かなり限界がきてしまいます。
ということで、僕の大切なタイムキーパーに
なってくれています。
それでも間に合わない場合?
もちろん徹夜になってしまいます。
その後は「仕事やり過ぎ!」ということで
深く反省します。
このキャンドルを燃やすのが1日2回になるように
もっともっと仕事の効率化を図るのと、
仕事を無理に入れないという事を
心に誓いたいと思います。

Candle


キャンドル はコメントを受け付けていません。

レコーディング準備

Posted by Micchan

13 3月

今月末に大規模なレコーディングが控えています。
もちろんタイトルは例のXenoなんちゃらです。
今回作家が自分をいれて5名いるのですが、
譜面は僕が全部とりまとめているため、
凄い量の譜面になりそうな予感・・・。
アルバイトでも雇わないと間に合わないかもしれない(^^;)。
この写真はまだ1/4程度。
しかも全体の楽曲数からしたら半分ぐらいなので
先はまだ長い。
一歩ずつ確実に頑張っていくしかない。

xenoscore


レコーディング準備 はコメントを受け付けていません。

にゃんと!

Posted by Micchan

12 3月

相変わらずうちの猫は
横になって休んでいるところに
わざわざこのように上に乗ってくるのは
何とかならないものか・・・。
しかもお太りぎみで重いんです。

cat


にゃんと! はコメントを受け付けていません。

あれから6年

Posted by Micchan

11 3月

多くの犠牲者を出した東日本大震災。
今でもニュースで流れた映像は忘れられない。
そして、自分の生き方をも大きく変えた出来事でした。
何年経っても震災にあわれた方の心が
癒される事はないのかもしれませんが、
少しでも前向きになれるといいなと思います。

黙祷。


あれから6年 はコメントを受け付けていません。

じ・自分の時間が・・・

Posted by Micchan

10 3月

なんとかして時間を捻出しないと
自分の作業ができない・・・。
頑張らないと。


じ・自分の時間が・・・ はコメントを受け付けていません。

紙ノイズ

Posted by Micchan

9 3月

最近もっぱらレコーディングといえば
ホール録音が多いのですが、
そうした場合、演奏はだいたいオケ団体にお願いします。
スタジオと違って、ホール録音の場合は指揮者をたてる
必要があるのですが、指揮者がページをめくる
紙ノイズが入る事があります。
最近のプラグインだと、こうしたノイズも
いとも簡単に取れてしまうのですが、
作業効率が悪いため、出来るだけ最初からノイズの
出ない方法を考えなければいけません。
指揮者の方も注意してページをめくって
くれてはいますが、気持ちが入ったりすると
ついついノイズが出てしまいます。
実は紙の厚さ、素材によってかなりノイズ成分が
変わってきます。
僕が今まで試した中だと、68gsmのエクセルプロが
一番ノイズが出にくいと感じましたが
紙が薄い為、両面印刷した時に透けてしまいます。
しかも色は真っ白しかないので、
指揮者さんに渡すには適しません。
キンマリでいい厚みのを色々と試していますが
70Kg辺りが透けず音も少なく良い感じかなと・・・。
あとは、レイアウトをなるべく詰めて、
ページめくりを1回でも少なくするようにします。
レコーディングが成功するかどうかって、
実はこういった細かい事の積み重ねだったりします。


紙ノイズ はコメントを受け付けていません。

ハイレゾ配信開始!

Posted by Micchan

8 3月

大変お待たせいたしました。
「蒼き革命のヴァルキュリア オリジナル・サウンドトラック」の
ハイレゾ盤が本日より発売になります。
ちょっと時間が掛ってしまいましてすみませんでした。
ハイレゾ用に再度マスタリングをおこなっておりますので、
是非こちらも聞いていただけたらと思います。

【e-onkyo music】96KHz-24bit
http://www.e-onkyo.com/music/album/bud4538182673478/

【VICTOR STUDIO HD-Music】96KHz-24bit
http://hd-music.info/album.cgi/16006

【OTOTOY】96KHz-24bit
http://ototoy.jp/_/default/p/71280

【mora】96KHz-24bit
http://mora.jp/package/43000011/4538182673478/

こちらはCDの配信盤
【iTunes】44.1KHz-16bit
https://itunes.apple.com/jp/album/valkyria-azure-revolution-original-soundtrack/id1205343325

ちなみに、通常のCDはAmazon専売となっております。
こちらはジャケットがついています!
【Amazon】
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4GJ160


ハイレゾ配信開始! はコメントを受け付けていません。

Horizon Zero Dawn

Posted by Micchan

7 3月

まだ、アンチャー解いてないけど、
(多分、もう大詰め・・・)
一応、Horizon Zero Dawnを購入。
ちょっとだけプレイしたけど、
あ〜もう素晴らしい。
グラフィック云々は素晴らしいとして、
ゲームとしての世界観の作り方、見せ方、
プレーヤーへのストレスの無いシナリオ示唆。
新規IPとしてのお手本のようなゲーム。
いつも海外のゲームをプレイするたびに思うけど、
こういうゲームに音楽をあててみたい。
無料スマートフォンゲームがもてはやされて、
日本のお家芸のゲームはお家芸では無くなったと
誰かが言ってましたが、何かが圧倒的に違う。
よく開発費が・・・とか話しに出てきますが、
多分、同じ額の開発費を日本のどこかの
ゲーム会社に渡しても、こういったゲームは
絶対に作れないと思いますね。


Horizon Zero Dawn はコメントを受け付けていません。

なんだか・・・。

Posted by Micchan

6 3月

某ゲーム会社の某ゲームにおいて、
昔書いた楽曲に対して作曲者の
明記がありませんでした。
(他の作家の名前はありました)
どういった意図で明記しないのか
分かりませんが、著作権はまだしも
著作人格権を完全に無視した行為。
ちゃんと制作者の氏名はしっかり明記しましょう。
大企業なのにそんな事ではまずいと思います。
ちなみに、よく契約書などで
著作人格権について書いてありますが、
著作人格権は人に譲渡出来ないものです。
契約書では行使しないで、とかうたってますが、
通常考えたら書かなくても行使なんてしないんです。
クリエイターに対して会社が失礼な行為をするから
行使する人がいるんです。正当な権利なんです。
もっと会社はクリエイターを尊重すべきです。
自分は会社員ではあるけど、自由の身なので
本当に気楽でいいです。


なんだか・・・。 はコメントを受け付けていません。

Ryzen

Posted by Micchan

5 3月

ずっとIntelに負けていたAMD。
起死回生のCPUがやっと発売されました。
Intelも急にCPUの値段を下げた所をみると
かなりRyzenに危機感を感じているんでしょうね。
やはり何においても競争相手がいないと
物事は進化していかないので、いい傾向だと思います。


Ryzen はコメントを受け付けていません。

次こそは

Posted by Micchan

4 3月

まもなく発表になるのではないかと
噂されているSurface Pro 5。
今度こそ買いたいと思っています。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1703/03/news125.html


次こそは はコメントを受け付けていません。

Nintendo Switch

Posted by Micchan

3 3月

今日発売日なんですね。
Xenobalade II は是非遊んで欲しいので
沢山ハードウェアが売れるといいなー。
光田家では当分買う予定はないですけど(T T)。
VRも欲しいと思っていましたが、
結局買わずじまい。
そもそもゲームする時間が作れないんですよね。


Nintendo Switch はコメントを受け付けていません。

ブッキング

Posted by Micchan

2 3月

レコーディングの調整するだけで一日が終ってしまう。
曲を書く時間がなかなか取れない・・・。
しかも、他のプロジェクトのチェックやサポート、
打ち合わせなどしなければいけないので、
どんどん自分の時間が削れていく。
今日、たまたまCMプロデューサーの人と話しをしたけど、
やっぱり、プロデューサーと作家を一緒にやっては
いけないということがよく分かりました(笑)。
しかも、1プロジェクトならまだしも、
4〜5個抱えると余裕でつぶれてしまいます。
完全にオーバーフローです。
明日から作曲に専念しますので、
メールは一日一度しかみません。(宣言)
レスポンスが悪くなりますがご了承ください。


ブッキング はコメントを受け付けていません。

発見

Posted by Micchan

1 3月

無くしていた財布が見つかりました。
しかし、全てのカードを止めて再発行し、
運転免許証も再発行したあとなので、
もう少し早ければと、と悔やまれますが。
しかもお金だけしっかり抜き取られていました。
(1円残らず・・・)
ま〜キャッシュカードや、クレジットカードを
使うと足がつきやすいですから、現金だけに
手を付けるというのはかなり手慣れた方なんだろうなー
と想像できます。
落とした自分が悪いので仕方がないですが、
最小限の被害ですんだということで
良かったと思うようにします。


発見 はコメントを受け付けていません。

Xenosaga Episode I

Posted by Micchan

28 2月

今日で15周年記念。
初めて海外でオーケストラのレコーディングを
おこなった記念すべき作品。
まだ、20代後半でしたね〜(遠い目)。
今聞くと恥ずかしい限りですが、
面白いオーケストレーションをしている部分も
沢山あってなかなかチャレンジしているなーと、
今聞いても思います。
また、曲と映像のシンクロに関しては当時のゲーム作品の中では
断トツにキマっていたと自負しています。
結局、曲だけ良くても、映像だけ良くても
良い印象にはならず、お互いが絶妙なシンクロをしてこそ、
素晴らしいシーンになるわけです。
こういうシンクロ作業は、ディレクターとの相性が関係してきます。
ゲーム作りは本当に難しいのです(笑)。


Xenosaga Episode I はコメントを受け付けていません。

ANUNA

Posted by Micchan

27 2月

仮仮ということでエディットされた
ANUNAの1曲が送られてきたのですが、
凄くいいなー。これはかなりいいと思います。
正直、こんな音楽がゲームで流れるのは他に類を見ない。
久しぶりに自分がやりたい方向で突き進んでいる感じで
嬉しくなっちゃいます。
高橋監督と作るゼノシリーズは
やはり自分の肌に合っているんだと再認識。
これは他人に気に入られても気に入られなくても
自分的にはかなりの大満足度なので
それだけでやった甲斐があります。


ANUNA はコメントを受け付けていません。

海外レコーディング

Posted by Micchan

26 2月

コーラス曲をスロバキアで録音しようと
計画しているのですが、
航空券がゴールデンウィークで高くて
しかも席もなくて厳しい・・・。
困ったなー。


海外レコーディング はコメントを受け付けていません。

震えない心

Posted by Micchan

25 2月

最近、生音をまねた打ち込みの音が
本当に苦手になってしまった。
打ち込みでもエレクトリックなサウンド(シンセ)
なら凄く好きなのに・・・。
どうしても、そこに「魂」を感じないんですよね。
サンプリングの仕事をさせられた演奏者の
やる気のない感じがすけてみえるといいますか・・・。
感じるんですよね。演奏者のネガティブな魂を。
それが多分凄く嫌なんだと思います。


震えない心 はコメントを受け付けていません。

復活

Posted by Micchan

24 2月

宮崎駿氏が復活されるみたいで良かった!
3年半も作品から離れていると
また作りたくなるのはクリエイターの性。
自分も3年ぐらい何にも追われる事なく
好きな事をやってみたい。
多分、多くの方に迷惑をかけてしまう事に
なるのは目に見えていますが。

https://mainichi.jp/articles/20170224/k00/00e/040/297000c?campaign_id=A100


復活 はコメントを受け付けていません。

またやってしまった

Posted by Micchan

23 2月

東京から帰宅するときに新宿で
財布を落としてしまった。
全てのカードを止め、また免許証を
再発行してもらわなければ(泣)。
ショック過ぎて何も頭に入らない。


またやってしまった はコメントを受け付けていません。

ネタがなくてつくね

Posted by Micchan

22 2月

日記を書くネタがないので
つくねの写真でも・・・。
あまり、「つくね、つくね」と
いうと、先人の「ペンネ(ボス)」が
だまっていません。
こうやって後ろから圧力をかけます。

ペンネの圧力


ネタがなくてつくね はコメントを受け付けていません。

連続つくね

Posted by Micchan

21 2月

またしても「つくね」ネタ。
猫のダヤンのものまねがとっても得意なんです。


連続つくね はコメントを受け付けていません。

つくね

Posted by Micchan

20 2月

本当に人懐っこい猫。
しかし、見知らぬ人が家にくると
どこかに隠れてしまうほど人見知り。

つくね


つくね はコメントを受け付けていません。

レコーディング最終日(ANÚNA)

Posted by Micchan

19 2月

22年前、初めてアイルランドに訪れ、アイルランドのレコードショップで
「ANÚNA」の音楽と出会った。
そのアルバムの名前は「Deep Dead Blue」という名のアルバムで、
このタイトル曲はElvis Costelloが作曲した曲です。
独特なコードワークをコーラスのみで美しく歌い上げるANÚNAの歌声に
一気にとりこになりました。
普通のコーラス隊とは全然異なるサウンドに度肝を抜かれたのを覚えています。
また、アルバム10曲目の「The Fisher King」を歌う
マイケル・マクグリンの声に魅了され、いつか自分の曲を歌って貰いたいと
ずっと思っていました。
月日は流れ、その夢がついに現実となりました。
22年越しの想いが叶ったのです。
今回、22年間自分の身体にしみ込ませてきたANÚNAサウンドと
自分の味をいかにして融合させるか、頭を抱えながら作曲しました。
全てのイマジネーションを楽曲に集中させました。
全部で4曲あるのですが、どの曲もANÚNAらしさもあり、
自分のテイストもあり、面白い仕上がりになったのではないかと思っています。
ミックスが今から本当に楽しみでしかたありません。

今回、レコーディングに向けて色々とサポートしてくださいました
プランクトンの是松氏、川島氏に心よりお礼を申し上げます。
また、22年前からお世話になっているミュージック・プラントの
野崎氏が素敵な出会いを提供してくれた事に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

僕が大好きなANÚNA!
そして、素敵なメンバーの皆さんにまた会える日を楽しみにしています。
必ずまたご一緒したいと思っています。

My first encounter with ANÚNA was 22 years ago, at a record store in Ireland.
The title of the piece was “Deep Dead Blue”
– also the title of an album – composed by Elvis Costello.

Its distinctive harmony sung just by the singers captivated my heart straight away.
I thought this was no ordinary chorus group, as they had such a different sound world.
Also being fascinated by Michael McGlynn’s voice
from the 10th piece of the album “The Fisher King”,
I dreamt that one day my music would be sung by them.

And that finally came true after 22 years.

The task for this project was how I would blend my music
with the sound of ANÚNA which I knew so well.
My whole creativity and imagination were poured into 4 pieces,
and I think I have managed to succeed in doing that.
I just cannot wait to hear the mixed pieces.

I would like to thank Mr. Korematsu and
Ms. Kawashima from Plankton for their wonderful support,
And Ms. Nozaki from MUSIC PLANT – whom I knew and have been very kind to me
for 22 years - for introducing me to ANÚNA. 
Thank you very much. 

And for ANÚNA, whom I love so much!
I look forward in meeting you all again. I certainly hope that we do. 

Yasunori Mitsuda

ANUNA
ANUNA2


レコーディング最終日(ANÚNA) はコメントを受け付けていません。

レコーディング1日目(ANÚNA)

Posted by Micchan

18 2月

待ちに待ったANÚNAとのレコーディング。
夢にまで見た瞬間です。
全身全霊を楽曲に込めました。
素晴らしい出来になると思いますので
是非、期待していてください。

ANUNA

ANUNA


レコーディング1日目(ANÚNA) はコメントを受け付けていません。

免許更新

Posted by Micchan

17 2月

忙しくなかなか運転免許の更新に行けませんでしたが、
やっといけた!!
危うく失効するところでした。


免許更新 はコメントを受け付けていません。

ケルティック能

Posted by Micchan

16 2月

昨日はケルティック能にお呼ばれして見てきました。
いや〜本当に素晴らしかった。
日本の伝統的な「能」とANÚNAの神秘的な歌声が
なんとも言えない世界へ連れていってくれました。
全く新しい芸術が生まれたなーと思います。
そんなANÚNAの皆さんと明日は一緒にレコーディング。
4曲ほど録音しますが、今からとても楽しみです。
今回エンジニアはブライアンさんで、
わざわざアイルランドから来てくださいました。
ブライアンさんはU2やローリングストーンズ、
ノラジョーンズのエンジニアをされている方です。
とっても有名な方です。
昨日挨拶をさせてもらいましたが、
とても気さくな素敵な方でした。
あ〜早く明日にならないかなー。

鷹姫


ケルティック能 はコメントを受け付けていません。

« previous posts

Theme by Hosting-Agency Webhosting

Hosting-Agency ready Layout