限界

Posted by Micchan

29 7月

忙しさの限界を超えた。
もう倒れない事を神に祈るのみ。


限界 はコメントを受け付けていません。

Digital Performer 9.1

Posted by Micchan

28 7月

本日、Digital Performer9.1がリリース。
新しくなったNew-PreGenモードが恐ろしく素晴らしいです。
48Khz32bit 64Sampleで2管編成64331が余裕で動きます。
CPUは約30%〜40%で安定しています。
ちなみに、Vienna Ensemble Proを介すと逆に
PreGenモードが効かないのかバグなのか遅くなってしまいます。
確実にホストマシンで音源を立ち上げたほうが早いです。
ということでこれで別途マシンも、Vienna Ensemble Proも
いらないかもしれません。
もう少し使ってみないとなんとも言えませんが、
とにかくやっとマシン1台で完結出来そうなのが嬉しいです。
電気代、手間、マシン管理、これが一気に解消されます。

DP9.1


Digital Performer 9.1 はコメントを受け付けていません。

イナズマイレブン アレスの天秤

Posted by Micchan

27 7月

本日はLEVEL5 VISION 2016を見に行ってきました。
最新作、「イナズマイレブン アレスの天秤」の音楽を担当いたします。
無印(イナズマ1〜3)のころに時代はさかのぼるとの事ですが
また熱血サッカーを見る事が出来ます。
今回、日野さんの要望で特別にPV用にオーケストラを録音しました。
それほど日野さんも力が入っているという事でしょう。

最新PVはこちら

なんとなく音楽も無印のころの雰囲気に戻しています。
また、某テーマも入れてあります!!(^^)
さー凄いスケジュールになっていますが、
頑張ろうと思います。


イナズマイレブン アレスの天秤 はコメントを受け付けていません。

ポケモンGO

Posted by Micchan

26 7月

久しぶりに世の中にブームを起こしましたね。
昔はFFやドラクエが発売されるたびに、
長蛇の列がニュースになったりと、
ゲーム業界にも数多くのブームがありました。
最近、そうしたニュースがないなと思っていましたが
本当にすごい人気。
でも、この技術は特に目新しいものではないんですよね。
この手のゲームって実は何本か出ていて、
それまでのソフトはちっとも注目されなかった。
いかに、コンテンツが(特にキャラクター)が大事か
という事を考えさせられるニュースだと思います。
自分も一応はダウンロードしてみましたが、
最初の2〜3匹を捕まえたところで、
iPhoneからポケモンアプリは消えました(^^)。
まず、理由としてポケモンの内容を一切知らないので、
キャラクターを捕まえてもなにも分からないし、
ワクワク感がなかった点。
そして、移動してモンスター(?)を捕まえにいくほど
生活に時間的余裕がないという点です。
そんな時間があったら、1曲でも多く書かなければ
いけないので・・・。(クライアントに怒られてしまいます、^^;)
でも、きっと子供やポケモンファンは楽しいでしょうね。
自分なんかは庭にいるカエルやカブトムシや変な虫などを
見つけるほうがワクワクしますが・・・。
そういえば、いまだにモグラを捕まえてないなー。
ともあれ、夢中になりすぎて事故だけは
本当に気をつけてくださいね。


ポケモンGO はコメントを受け付けていません。

あれから一年

Posted by Micchan

25 7月

ちょうど去年の今ごろ、第一回目の20周年ライブを終えたころでした。
ライブ慣れしていない僕の身体はボロボロで明日も2ステージやるのか・・・
と思うと気が重かったですが、団長をはじめ、バンドメンバーの楽しそうな
姿をみてると不思議とパワーが湧き出てきました。
あれから一年、団長の吉良知彦さんはもういません。
あの時の音は一期一会で二度と奏でられる事はありません。
自分にとって、とても貴重な時間でした。
全ての公演が終ったとき吉良さんと抱きあって泣いたのを想い出します。
吉良さんは僕の作家20周年を心より喜んでくれたのです。
思い出すだけで心が痛いです。

少し落ち着いたと思って、日記を再開したけど、
やっぱり書いていると涙が出てくる。
まだ、受け入れられていないのかな・・・。
本当に悔しい。


あれから一年 はコメントを受け付けていません。

心の師。

Posted by Micchan

8 7月

僕の心の師。
zabadakの吉良知彦氏が7月3日に永眠されました。
初めて吉良さんと出会ったのは僕が25歳の時で、
その時に一緒に音楽を作らせてもらったのが
「CREID」という作品です。
当時の「ゲーム音楽」は多くの方から偏見を持たれており、
スタジオワークにおいて沢山嫌な思いをしました。
そんな中でも吉良さんは僕の音楽に真摯に向きあってくれて、
心から演奏することを楽しんでくれました。
イスから転げ落ちるぐらいまでノリノリで演奏したのを見て
本当に嬉しくて、嬉しくてたまらなかったのを今でも鮮明に覚えています。
誰にも媚びず自分のやりたい音楽(音)を追求する、
出したい音を出せ・・・。
ギターをかき鳴らす吉良さんの姿をみながらいつも
自分に言い聞かせていた気がします。
僕の心の支えでした。
吉良さんと共に酒を交わした時、
「光田さんはオンリーワンであれ」と言ってくれた事がありました。
自分らしさとは己を追求した先にあると信じています。
そんな吉良さんのギターは唯一無二の存在でした。
誰でもない、まさしく吉良知彦という音でした。
そして僕の作品には必要不可欠な音でした。

もう涙がとまりません。
昨日はオケのレコーディングだったのですが、
そのための作曲に追われていた為、
なんとか気力は持ちこたえていました。
(亡くなられたことは6日に知っていたのですが・・・)
でも今日になってまた涙があふれてとまりません。
これから自分のモチベーションを何処にもっていけばいいんだろう・・・。
音楽やっていく自信がどんどん失われていきます。
2008年にとても仲が良かったヴォーカリストの河合英里さんも失い、
次は吉良さんだなんて信じたくありません。
だけど、死は誰にでも平等に訪れます。
こればかりは避けることが出来ません。
だからこそ、大好きな音楽仲間と限られた時間の中で
精一杯音を紡いでいかなければいけないと思うわけです。
吉良さんと共に紡いだ音の数々は
きっとこれからも永遠に残っていくことと思います。

すみません、こうして打っている間も頭の整理がつかず
支離滅裂な文章になっていると思いますが、
とにかく20年間という短い間ではありましたが、
僕は吉良さんに出会えて本当に本当によかったと思います。
沢山の事を学ばせていただきました。
ありがとうございました。
おしむらくは、もっともっともっともっともーっと
一緒に作品を作りたかったし、一緒にライブをしたかったです。
僕がそっちにいった時は一緒に「Radical Dreamers」を演奏しましょう!
そして、また一緒に面白い曲を作りましょう。
ゆっくりと休んでのんびりと音楽を楽しんでください。

光田康典


心の師。 はコメントを受け付けていません。

レコーディング

Posted by Micchan

7 7月

某作品の為、本日はレコーディング。
いろいろとトラブルもあり、
また一睡もできずにスタジオへ。
身も心もぼろぼろですが
いいレコーディング出来た時の
喜びは何にも代え難いものがあります。
また、一歩成長したかな。


レコーディング はコメントを受け付けていません。

スピーカー試聴

Posted by Micchan

6 7月

まだまだ続きます、スピーカー試聴。
次はNeumann KH310とGENELEC 8351Aの2機種。
Neumannは解像度が高いという噂で非常に期待。
また、GENELECは5.1chが組みやすいということで
とりあえず聞いてみることに。

まずは、NeumannのKH310から。
Neumann KH310A

思った以上に小さく、重さも重くありません。
いつも聞いているソースを流してみると、
素晴らしい解像度。ローエンドの伸び、低音のスピード
高音の解像度と申し分ないです。
ただ、若干4KHzから5KHzにピークがあり、
耳につく感じがありました。
自分がいつも聞いているオケものでPiccoloが
ピーキーに聞こえたら変な高域が出ていると判断するのですが、
まさしくそれに引っかかってしましました。
でも全体的に素晴らしい鳴りです。
また、少しスピーカーの調整も出来るので、
自分の部屋に合った設定も出来るかと思います。

次にGENELECの8351A
Genelec 8351A

とにかくルックスが変わっていて面白いですね。
GENELECは昔よく使っていたのでこの会社の
特徴はよく分かっているつもりでした。
しかし、この8351Aを聞いた瞬間、そのイメージを覆されました。
めちゃくちゃ繊細で、解像度が高く、それでいて高音の伸びがすごい。
しかも絶妙な高音でピーキーでもないんです。
リバーブもしっかりみえるし、同軸なので定位、位相が恐ろしくいい。
そして、低音もしっかり出ていてラージモニターか?と
思うぐらいのローエンド、しかもこちらも嫌みのないローで
とてもフラットなバランスだと感じました。
これは今まで聞いた中でダントツ素晴らしいです。
ちょっと予想外で驚いています。(感動しています)
PMCのTwoTwo8かこの8351Aのどちらかになりそうですね。
個人的にはGENELECの方が低音の解像度が高く感じたので
買うならこちらかなー。
しかし、ちゃんと聞いてみないと分からないものですね。
技術というのは日進月歩なんだなーと感じます。

ということで、個人的まとめ
いままで聞いてきたスーピーカーの総合評価を
順位にしてみたいと思います。
お値段、性能を考慮にいれておきます。

1位 GENELEC 8351A
2位 PMC TWOTWO8
3位 NUEMANN KH301
4位 ATC SCM25A Pro
5位 Barefood MICRO MAIN 45

さて、最後にADAMのS4X-Vを現在借りることになっているので
こちらがGENELECを超えられるかですね。
楽しみです。


スピーカー試聴 はコメントを受け付けていません。

貫禄

Posted by Micchan

5 7月

ぽっちゃりと太ったね。
毎日気楽でいいねー。

Penne


貫禄 はコメントを受け付けていません。

音楽ディレクター

Posted by Micchan

4 7月

ゲームの制作において、
やはり音楽に詳しいディレクターをちゃんと
アテンドするべきだなーと常々思います。
音楽を言葉で表現するには、経験がないと
無理なんですよね。


音楽ディレクター はコメントを受け付けていません。

健康診断

Posted by Micchan

3 7月

毎年健康診断はおこなっているのですが、
今年はまだやっていません。
最近、不整脈が酷くなってきた気がします。
ここ一年でかなり悪くなってるのかな。
薬はなるべく飲みたくなかったので、
以前は様子みます、ということにしておいたのですが、
さすがに自分でも一日何回も不整脈が起こっているのが
わかるので薬を飲まないとまずいのかなーと思います。


健康診断 はコメントを受け付けていません。

山開き

Posted by Micchan

2 7月

今日は富士山の山開き。
通年より1日遅れての山開きとなりました。
いきなり登山客が押し寄せてます。
花火もすごい!


山開き はコメントを受け付けていません。

ATC

Posted by Micchan

1 7月

今度はATCというメーカーのスピーカーを試聴。
海外では非常に評価が高く、一部では優れた解像度
と言われています。
とても聴くのを楽しみにしていたし、
いろいろなレビューをみても高評価で
自分の中でも期待値が高すぎたのかもしれませんが、
残念ながら全然好きな音ではありませんでした・・・orz…

これから下はあくまで個人的な感想であることをお断りしておきます。

まず、みなさんが口をそろえて言っている解像度は
正直自分にとってはあまり高くなかったです。
なにをもって解像度が高いのか?というところは
人によって考え方が違うので一概にはいえませんが、
個人的には

解像度が高い=すみずみまでよく見える

と思っています。
そうした意味においては全く解像度は高くないと
感じました。
楽器の位置、楽器の周波数(倍音)、リバーブの量、
前後の位置関係、ハイエンドとローエンド、どれを
とっても非常にわかりづらいし、鳴りが詰まっている感じ。
高域もそれほど伸びていないし、低音も輪郭が乏しい。
これであれば先日聴いたPMCの方がかなり解像度が高いと言えます。

このスピーカーは中域が張っているので
ボーカルものを聴くとくっきり聞こえるため
一瞬「音がよい」という錯覚におちいりますが、
いろいろなソースを入力すると、それがしらじらしい
中域であるというのがすぐにわかります。
また、低域も癖があるわりには締まりがないので
EQの感じ、固さが見えにくいのです。
PMCも低域の解像度は弱かったですが、
このクラスの大きさのスピーカーでは求めすぎかもしれませんね。
これで、ペアで20万ぐらいならありですが、
100万近い(超えるんだったかな?)品物と考えると
ちょっと買うには?が出てしまいますね。

HipHop系のアーティストはこいう音好きかもしれませんが、
自分みたいにオーケストラやバンドサウンド、エレクトリック
などなど色々なジャンルを作る人にとっては
他にもっといいスピーカーがあるのかなと思います。

Speaker


ATC はコメントを受け付けていません。

映像音楽

Posted by Micchan

30 6月

出来ている映像に対して後付けする音楽制作は何よりも楽しい。
こうした制作は日本において映画かゲームぐらいしか出来ない。
(映画でもこうした制作が出来ない作品はたくさんありますが)
ちなみに、自分が作曲を担当したNHKのドラマは、スケジュールの関係で
後付けの音楽制作をさせてもらいましたが、
基本は音響監督がつくった音楽リストにしたがってただ音楽を作っていく。
当然、その場合はテキストに書かれている言葉のみを
自分なりにくみ取って音楽を作っていくわけです。
これがまたストレスがたまるんです(笑)
映像があれば悩まなくていい部分って沢山ありますし、
どんどん音楽は浮かんできます。
自分はやっぱり映像音楽作曲家なんだなーと再認識しました。
でも、セリフが入っていない制作途中の映像に音楽をあてるのも
非常に難しいです。


映像音楽 はコメントを受け付けていません。

Evernote

Posted by Micchan

29 6月

IT関係のサイトでEvertnoteが1.5倍に値上げすると
ニュースになっていて、多くの人が不満を言っていましたが、
これ、皆さん仕事で使っているんでしょうか??
ずっと書いていると思いますが、仕事でクラウドは
かなり危険だと思うんですよね。
仮に機密事項に関わるファイルをクラウドにアップしていて
何かしらの原因で流出した場合、機密保持契約に完全に
抵触してしまうし、その責任はクラウドの会社ではなく
契約した本人が責任を取る必要があるんです。
便利だからといって仕事でクラウドを使うのは本当に危険。
自分なんかは他社のサービスは信用していないので
大切なファイルは自社サーバーかローカルにしか置いていません。
プライベートファイルなら全然問題ないのですが・・・。
フリーで仕事をされている方は本当に気をつけてください。

ともあれ、価格、サービスが自分とあっていなければ
解約するのが一番だと思います。
顧客を集めるために「無料」で勧誘したり、
普通に考えれば運営できないような「価格」に設定して
お買い得感を出して人数を集めているわけで、
ある程度の期間が経てば価格があがってしまうのは
致し方ないことですよね。
某サイトでは今回の値上げを「改悪」とも書いていましたが、
ちょっと書きすぎ感が・・・。
これ無料で使っていて不満を言っているのであれば
それこそ「言悪」だと思いますけど。
いろいろなサービスがありますが、ずーっと同じサービスを
提供するのは難しい世の中なのでうまく見極めないとですね。


Evernote はコメントを受け付けていません。

テープ屋さん

Posted by Micchan

28 6月

君はテープ屋さんか!と言われてしまいそうですが、
先日に引き続き、作曲しながら写譜をやっております。
(通常は弟子がやったり、写譜屋に出したりするんでしょうが、
 そんな予算はございませんのです!!)

scoretape1

レコーディング時は本当に時間に追われていて
時間がない時はホッチキスで止めたりするのも
もったいない・・・ということで、
散々調べた挙句、やっとみつけちゃいましたよ!
最高のテープ。(海外メーカーのものですが)
このテープでフルスコアを止めると
ホッチキスなんかで止めなくてもスコアがばらけない。
とっても楽だしペーパーノイズも少ないよ。最高!!

scoretape2


テープ屋さん はコメントを受け付けていません。

おとなの基礎英語

Posted by Micchan

27 6月

昔からちょくちょく観ていた
「おとなの基礎英語」ですが、
最近、サラ・オレインさんが
レギュラーで出ています。
どうやら、6月30日の放送で
僕が書いた「Dream as One」という
楽曲を歌うそうです。
是非、チャンスがあれば見てみてください。

「おとなの基礎英語」
6月30日 NHK Eテレ 22:50〜


おとなの基礎英語 はコメントを受け付けていません。

農薬

Posted by Micchan

26 6月

この季節になるとやってくるのが農薬散布ラジコン。
朝から爆音を出して飛び回っています。
これがくると間もなく夏ですね。

ラジコン


農薬 はコメントを受け付けていません。

Posted by Micchan

25 6月

夏物の服がなく、買い物に出かけたいのですが、
スケジュールが緊迫した状態なので、
しょうがなく適当にネットで服を購入してみたのですが、
フリーサイズはやっぱり大きい。
でも、7月、8月、9月は家とスタジオの行き来しか
多分しないでしょうから、着れればなんでもOKです(^^;)。


服 はコメントを受け付けていません。

EU離脱

Posted by Micchan

24 6月

いよいよ現実味を帯びてきたイギリスのEU離脱。
ポンドは安くなるし、ユーロも多分やすくなる。
円高になると個人的には音楽のソフトウェアが
やすく手に入れられるので嬉しいですが、
日本経済という大きな枠で見ると大変なことになる。
場合によってはUK、EUから撤退する日本企業も
多くなるでしょう。
安倍首相が消費税を見送りましたが、
ある意味いい判断だったと思います。
リーマンショック以上の打撃になる可能性が
十分考えられますからね。
当のイギリスにとってはなによりも移民問題解決が
重大なのかもしれませんね。


EU離脱 はコメントを受け付けていません。

楽譜製本

Posted by Micchan

23 6月

オーケストラレコーディングする時は
当然ながらページめくりの際、
ペーパー音が出ない方がいいわけですが、
紙質、テープによってかなり違いが出ます。
ちなみに、会社ではこの2種類をつかっていますが

○ キハラ製 ページヘルパーP2
(PよりP2の方がいいです)
○ キハラミュージックシリーズ 楽譜製本&補修テープ

この2つは多分、普通の人からみたら
何も変わらないように見えると思います。
個人的にはページヘルパーP2の方が
しっかりしているように感じます。
ということもありこちらを使うことが多いです。

また、オーケストラの場合、昔はフルスコアをA4に
印刷していたのですが、最近小さな文字が読めなく
なってきたのでA3にプリントアウトしています。
この時、指揮者以外は、できればダブルリングか
コームリングで製本したいのですが、
この手の機械ははA4までのしか売っていないんですよね。
どなたかA3の製本機をご存知ないですかね??


楽譜製本 はコメントを受け付けていません。

甲州ワイン

Posted by Micchan

22 6月

2〜3年前に住んでいた山梨の石和のワイン。
とってもすっきりとしてぶどうの香りが
楽しめるいいワインでした。

Wine


甲州ワイン はコメントを受け付けていません。

Printer

Posted by Micchan

21 6月

これから行われる大量のレコーーディングの為、
A3のレーザープリンターを購入。
さすがに、インクリボンプリンターで
ちまちまと印刷するレベルではなくなってきました。
(枚数がすごいので)
また、ちょっと水に濡れただけで滲んでしまうようでは
困るのでレーザープリンターにしました。
レーザープリンターのいいところはとにかく早くて綺麗。
滲みが少なく、くっきりと印刷できる点。
デメリットは紙が丸まってしまう、文字が光ってしまう
写真や絵などはあまり綺麗に印刷できないという点です。
特に文字のテカリは譜面の場合、音符が光って
ライティングによっては見にくくなることもあります。
が・・・最近のレーザーは昔に比べて全然紙は丸まらないし、
文字のテカリもかなり控えめになりました。
どんどん技術も進化しているんですね。

プリンター


Printer はコメントを受け付けていません。

キジ

Posted by Micchan

20 6月

うちの周りは自然がいっぱいなので
こんなキジさんなど近くてみることができます。
特に鳥の種類はかなり豊富で、
バードウォッチング好きには
たまらない場所だと思います。

キジ


キジ はコメントを受け付けていません。

打ち合わせ

Posted by Micchan

19 6月

いつもブッキングやオーケストレーションで
お世話になっているシャングリラの
里見さんと、宮野さんがうちに遊び&打ち合わせで
来てくれました。
あいにく雨で天気は良くなかったのですが
色々とお話ができてよかったです。
来年4月ぐらいまで色々なプロジェクトが
並行して走っていて、かなりお世話になりますが
どうぞよろしくお願いします。


打ち合わせ はコメントを受け付けていません。

Sony PlayStarion VR

Posted by Micchan

18 6月

あ、しまった! 予約するのすっかり忘れてた。
もう予約終了しているみたい(T T)。
まー初期ロットはちょっと怖いので
みなさんのご意見を聞いてから
ゆっくりと購入しよう。
ちなみに、PlayStation4も一緒に購入する人も
いると思うのですが、そうすると
ほぼ10万円ぐらいかかるのかぁ〜。
そんなVRが一瞬にして予約終了ってことは
意外に不景気じゃないんじゃないだろうか?(^^;)
いいことですね。


Sony PlayStarion VR はコメントを受け付けていません。

PMC twotwo8

Posted by Micchan

17 6月

イギリスのスピーカーPMC twotwo8の視聴。
噂には聞いてましたが本当に素晴らしいピーカーでした。
とにかく全体的バランスが良く、
位相、定位、低音のスピード感はとてもいいです。
自分は同じイギリスのメーカーADAMの
S3Aを使っていますが、これと聴き比べると
低音のスピード、見え方はPMCの方が上でした。
高域はかなりS3Aと近いですが、
S3Aの方が伸びている印象を受けます。
高域はS3Aの方が好きかなー。
PMCは中域もしっかりと出ているので
S3Aと比べると若干リバーブの量が
見えづらいところがありますが、
聴感上はフラットに感じます。
また、解像度もめちゃくちゃ高い。
だけど5.1chにした場合、いくらかかるんだー??
ほぼ絶望的な値段になりそう。
twotwo5、twotwo6という少し安いものもありますが、
twotwoは低域がポイントだと思うので
小さくしちゃうのはちょっと怖いな。悩ましいです。
しかし、そう考えるとADAMのS3Aは
かなり古いスピーカーですが、当時から完成度が
半端なかったんだなーと改めて再認識しました。

先日のBarefootのスピーカーを買うなら
断然PMCのtwotwo8がいいなー。

さて、次はノイマンのスピーカーを聞くぞー。

PMC twotwo8


PMC twotwo8 はコメントを受け付けていません。

揚げ足取り

Posted by Micchan

16 6月

またこういう発言を取り上げては
マスメディアや野党が文句を言っている。
会場からは笑いが出てるじゃないですか!
しかも正論を述べてるし(^^;)。
揚げ足取りはいい加減やめたらどうでしょう?
いつからこういうジョークが通じない
世の中になったんだろう?

自分もいつまで生きられるかわからないから
楽しいことをできる時にやっておかなきゃ。
貯蓄はほどほどにして使う時には使う、これが一番。
自分が死んだら単なる紙切れにしかならないしね。
しかもお金を残されると相続で必ずもめる。
(一人っ子なら大丈夫かもしれませんが)
ともあれ、命もお金も使い切るのがベスト。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160618-00000032-jnn-pol


揚げ足取り はコメントを受け付けていません。

CIVILIZATION VI

Posted by Micchan

15 6月

楽しみすぎる!!
早く仕事を終わらせないと。

http://jp.ign.com/sid-meiers-civilization-vi-pc/1661/preview/vi3


CIVILIZATION VI はコメントを受け付けていません。

WWDC vs E3

Posted by Micchan

14 6月

WWDC、E3と楽しみなイベントが目白押し。
が・・・WWDCは正直かなり残念。
WWDCの恒例行事として新たなハードを
発表するという流れがありましたが、
今回はOSのみ。うーん残念すぎる。
それにくらべ、E3はとても盛り上がっていますね。
新たなゲームが多数発表されて久ぶりにワクワク。
といっても、海外のゲームばかりですが・・・。
唯一日本のゲームで楽しみにしていた
「人喰いの大鷲トリコ」ですが、
やはり時間が経ちすぎてしまったせいか、
いまの技術からすると少し目劣りしてしまいます。
とりあえず買うと思いますが・・・。

とりあえず、やってみたいゲーム

・VRのハード
・ゴッド・オブ・ウォー
・No Man’s Sky
・Detroit Beacome Human
・ホライゾン


WWDC vs E3 はコメントを受け付けていません。

ROLI Seaboard RISE

Posted by Micchan

13 6月

6月25日発売のSound & Recording Magazineにて
次世代キーボード“ROLI Seaboard RISE”のレビューを
4ページたっぷりと書かせていただきました。
このキーボードにご興味がある方に参考になれば嬉しいです。

http://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/


ROLI Seaboard RISE はコメントを受け付けていません。

« previous posts

Theme by Hosting-Agency Webhosting

Hosting-Agency ready Layout